«
»

米大リーグが球宴開催地を変更

球宴開催地変更を発表した米大リーグ(MLB)コミッショナーのロブ・マンフレッド氏(UPI)

選挙法めぐり左派が圧力 民主、黒人の「投票抑圧」誇張

 米大リーグ(MLB)がオールスターゲームとドラフトの開催地を南部ジョージア州アトランタから変更すると発表したことが波紋を呼んでいる。同州で共和党主導により先月下旬に成立した選挙関連法改正への抗議がその理由だ。反対派は改正により黒人など人種的少数派の投票が阻害されるとしているが、その主張には誇張が多く、共和党はMLBの決定に強く反発している。(ワシントン・山崎洋介)

 ジョージア州で先月25日に成立した州法改正は、全国的な注目を集め、非難の集中砲火を浴びた。

 バイデン大統領をはじめとした民主党側は、黒人の投票権を実質的に剥奪した「ジム・クロウ法」の21世紀版だとし、人種差別と結び付けて批判。リベラル派団体は、改正の無効を訴える訴訟を起こしたほか、活動家らがソーシャルメディアを通じて、同州に本拠を置く企業を標的としてボイコット運動を呼び掛け、同法に反対するよう圧力をかけた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。