«
»

新型コロナ感染1千万人突破のブラジル

ブラジルの新型コロナウイルス犠牲者の埋葬=1月5日、北部マナウス(AFP時事)

存在感増す中国製ワクチン 次期大統領選の思惑絡む

 ブラジルの新型コロナウイルス感染者数が1000万人を超えた。感染拡大の「第2波」は、昨年の第1波を超える勢いでブラジル全土に広がっており、医療崩壊を防ぐために厳しい隔離措置を取る自治体も増えている。感染力が格段に強いブラジル型変異株にも十分対応できるワクチンの普及が急務だ。(サンパウロ・綾村悟)

 新型コロナの新規感染者は現在、世界的には明らかな減少傾向にある。その中で、ブラジルは感染拡大の中心地としていまだ多くの感染者を出し続けている。

 22日時点のブラジルの累計感染者は1016万人で、米国、インドに続く世界3位。新規感染者は連日のように5万人を超え、減少傾向にあるインドを3月にも抜く可能性が高い。死者は米国に次ぐ世界2位の24万人で、人口比では最も多い国の一つだ。

 ブラジルで感染拡大が衰えない理由の一つが、今年1月に北部アマゾナス州で確認されたブラジル型変異株の存在だ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。