«
»

コロナ第2波に苦しむブラジル

18日、ブラジル・リオデジャネイロで行われた中国製の新型コロナウイルスワクチンの予防接種(AFP時事)

変異種に抗体無効の可能性

 ブラジルは昨年5月に世界保健機関(WHO)から「新型コロナウイルス流行の中心地」に指定され、各地で増え続ける埋葬地の映像は、国内外に衝撃を与えた。同12月以降は、変異種の登場を含む感染拡大「第2波」に苦しんでおり、ワクチン接種が最後の頼みとなりつつある。(サンパウロ・綾村 悟)

 累計感染者数で世界3位のブラジルでは、今月に入ってから連日のように6万人を超える新規感染者と1000人を超える死者が出ている。

 特に、今月初めに日本への渡航者4人からウイルスの変異種が発見された北部アマゾナス州では、州都マナウス市などで病院の収容能力をはるかに超える感染者が殺到。病院の入り口で入院を断られて泣き叫ぶ患者の家族や、入院を待つ間に死亡する重症患者の様子など、衝撃的な映像がメディアで報じられた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。