«
»

議事堂襲撃受け保守派排除の動き

 ツイッターからトランプ大統領が排除されたが、連邦議会議事堂襲撃をめぐって公の場からトランプ氏を排除する動きが加速すれば、政治的パージだと考える保守派の反発を招く危険性がある。

 襲撃から1週間で、米大企業十数社が、大統領選の結果の確認に反対した共和党議員らへの献金を停止した。トランプ政権当局者らの雇用に対する警告も出ており、右派寄りのツイッター・アカウントは、フォロワー数が大幅に減少し、影響力も弱くなっている。

 リバタリアン(自由至上主義者)から社会的保守派まで、右派の指導者らは、「革新勢力によるパージ(追放)」「恐怖の支配」「ブラックリスト」と呼んで、警鐘を鳴らしている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。