«
»

海兵隊、予算増額望めず改革促進か

海兵隊は旧式のプログラムを削減し、21世紀型の紛争に備えた近代化に取り組んでいる。
 皮肉なことに、今後数年間は予算増額が期待できず、それがこれらの目標達成に貢献する可能性がある。

 軍事アナリストらは、各軍は、長年先延ばしにしてきた困難な選択を迫られる可能性があると指摘する。国防費が、ポスト・トランプ、ポスト新型コロナウイルスに横ばいまたは削減されるとみられているからだ。俎上(そじょう)に上がっていながら、予算増のおかげで更新されることなく生き残ってきた「レガシー(遺産)」システム、計画立案段階で盛り込まれた現役の兵員数の修正が、2021年以降にようやく実施されるとみられている。

 これらは、海兵隊で最も顕著になる。バーガー総司令官は、包括的な改革に取り組んできた。専門家らは、この改革が、バイデン前副大統領が大統領に就任し、国防総省の指導部が入れ替わっても、継続されるのはほぼ間違いないと指摘している。

 バーガー氏が海兵隊のすべての戦車を手放すと呼び掛けたことで、海兵隊の砲兵部隊の大改革が進み、現役の兵員の数も大幅に削減される。

 これらの提案は、この20年間の中東での大規模な地上戦ではなく、太平洋で発生する可能性のある中国との戦争に適した、スリムで効率的な軍へと海兵隊を改革する取り組みの一環だ。

 このような改革は通常、国防総省、議会から強い反対に遭うが、今後5年間に予想される経済状況によって、そのような抵抗は功を奏さず、現状転換への要求がいっそう高まる可能性がある。

 軍事技術企業アンドゥリル・インダストリーズの最高戦略責任者クリスチャン・ブローズ氏は「国防費が横ばいか減額されることが見込まれ、…国防総省と海兵隊にとっては、総司令官が目指している方向への弾みとなると思う」と述べた。

 上院軍事委員会の事務局長だったブローズ氏は、「資源のやり繰りへの圧力のために、改革は避けられず、海兵隊はその方向に向かって進んでいると思う」と述べた。

 国防費はすでに、トランプ氏が再選されなければ、削減されることは間違いないとみられている。トランプ氏は、この4年間に国防費を毎年増額してきた。だが、新型コロナの感染拡大によって世界経済が大きなダメージを受け、国防費の増額が望めない可能性が高まっている。

 国防総省の「国防予算計画(FYDP)」ではすでに、緊縮財政への備えがなされている。

 議会予算局(CBO)の9月報告は「2021年FYDPの見積もりによると、予算総額は、 2025年までほぼ横ばいで、平均すると2021年の年間約7070億ドル程度となる」指摘している。

(1月5日付)

◆   ◇   ◆

NEWS STORY/Tighter budgets force Marines to speed embrace of ambitious overhaul

The Marine Corps has launched an ambitious effort to cut outdated programs and modernize for 21st-century conflict.
Ironically, the prospect of flat defense budgets in the coming years may help the Corps meet those goals.

Defense analysts say each military service will likely be forced to make some difficult choices that have been put off for years because Pentagon spending is expected to plateau or even be cut in the post-Trump, post-COVID-19 era. “Legacy” systems that have long been on the chopping block but survived thanks to extra cash in the coffers, and even proposed adjustments to the number of active-duty personnel that have stalled in the planning phase, may finally be implemented in 2021 and beyond.

Nowhere will that dynamic be more evident than in the Marine Corps, where Commandant Gen. David H. Berger has put the service on a path toward sweeping changes that specialists say will almost surely continue after President-elect Joseph R. Biden takes office Jan. 20 and a new leadership team assumes power at the Pentagon.

Gen. Berger`s revamp calls on the Marine Corps to give up all of its tanks, dramatically remake its artillery batteries and cut the number of active-duty service members in its ranks.

Those proposals are part of an ambitious initiative to remake the Marine Corps into a leaner, more efficient fighting force suited to a potential war with China in the Pacific rather than the large-scale ground operations in the Middle East over the past two decades.

That kind of major overhaul would ordinarily run into stiff institutional resistance inside the Pentagon and on Capitol Hill, but the financial realities projected over the next five years could make such resistance futile and give momentum to those seeking to upend the status quo.

“When you look at the likelihood that defense spending is going to be flat, it may even turn down…I think all of that will compound the pressure on the Department of Defense and Marine Corps to go further in the direction the commandant is taking them,” said Christian Brose, chief strategy officer at defense technology company Anduril Industries.

“I think the resourcing pressure very likely makes reform more of an imperative and continues the Marine Corps down the path it’s on,” said Mr. Brose, a former staff director for the Senate Armed Services Committee.

Defense spending already was expected come back down to Earth if Mr. Trump lost reelection to Mr. Biden. Mr. Trump oversaw regular increases to the Pentagon budget during his four years in office. The COVID-19 pandemic that has ravaged the global economy has only increased the likelihood of stagnant spending.

The Defense Department`s advance budget plans, known as the Future Years Defense Program, already have made belt-tightening assumptions.

“According to estimates provided in the 2021 FYDP, total funding would be relatively flat through 2025, averaging about $707 billion per year in 2021 dollars,” reads a portion of a September study by the Congressional Budget Office.

January 5, 2021

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。