«
»

スウォルウェルのスパイとの関係は見過ごせない

 連邦議会がクリスマス休暇に入ろうとしていた12月初め、首都ワシントンは、カリフォルニア州選出の下院議員、エリック・スウォルウェル氏と、最近、米国とは利害が一致しない海外の大国の1人の代理人との関係をめぐって騒然となった。

 ドナルド・トランプ大統領にいろいろと言い掛かりをつけていた人たちの中でも、筆頭に挙げられる、普段はおしゃべりで、メディアとは仲良しのスウォルウェル氏は、ファン・ファン氏(クリスティーンとしても知られている)との関係については多くを語らない。連邦捜査局(FBI)によるとファン氏は、中国政府のスパイで、米国中の有望株の民主党の政治家のさまざまな人間との――そのうちの数人とは親密な――関係を培ってきた。

 彼女は、約5年前に竹のカーテンのかなたに消えたようである。だが、スウォルウェル氏はまだ、健在である――そして、いまだに、下院情報特別委員会の一員である。その委員会は、トランプ氏弾劾活動の初めの段階の策謀が行われたところである。共和党員はこれを退け、しかるべき措置を取った。しかし、彼らの訴えは耳を傾けてもらえなかった。

 トランプ政権で中米関係は緊張した。それは、単に、武漢風邪だけのせいではなく、不公正な通商政策や、また、中国軍の力を太平洋にまで拡大しようとする仕業のせいである。このような活動は米国にとって問題であり、米政府は、それらと闘う戦略を慎重に全力を挙げて発展させる手だてを尽くさなければならない。

 情報委員会が、連邦議会議員がそういった戦略についてブリーフィングを受ける場所であることは、言われるまでもない。しかも、詳細にわたって。そういう訳で、ケビン・マッカーシー下院少数党院内総務、カリフォルニア州選出共和党員のスウォルウェル氏の、それがどんなものであれ、ファン女史との以前の関係によって、彼は「国家安全保障上の脅威」となり、彼のポストがその委員会に残されているべきではないという考えに、われわれは同意する。

 スウォルウェル氏は大した仕事をすることもなく、やがて身を引くであろうが、カリフォルニア州選出の民主党員、ナンシー・ペロシ下院議長は彼を辞めさせるべきである。しかし、今までのところ、彼女にその気はない。マッカーシー氏には、彼女が彼を排除するまで下院の仕事を凍結させるのに必要なことは何でもできる権限があるはずだ。

 下院が審議すべき国民のための活動で、もっと重要な仕事は、数々あるかもしれないが、スウォルウェル氏が情報委員会に在籍することを許すことは容赦し難い。委員らは、下院が開会しているうちに、スウォルウェル氏が委員会に在籍し続けていていいかについて、毎日、表決を強行すべきである。そして、共和党員が、全員一致が必要な事案すべてに反対しなければならなくなり、すべての議案、修正案などを、議論が始められる前に一字一句、下院の議場で大声で読み上げるよう求めなければならないなら、すればよい。物事の中には、戦わずして、見過ごすことのできない重大事というものがあるのである。

(2020年12月30日付)

◆   ◇   ◆

EDITORIAL/Eric Swalwell’s relationship with a spy can’t be ignored

Earlier this month, before Congress went on Christmas break, the capital was abuzz about California Rep. Eric Swalwell’s relationship with a representative of a foreign power whose interests don’t exactly coincide these days with the United States.

The normally chatty, media-friendly congressman who was one of President Donald J. Trump’s principal accusers hasn’t had much to say about his relationship with Fang Fang (also known as Christine) who the FBI says was a spy for the Chinese government who cultivated relationships - several of which were intimate - with rising Democratic politicians across the United States.

She vanished, apparently back behind the Bamboo Curtain about five years ago. Mr. Swalwell’s still around though - and still a member of the House Permanent Select Committee on Intelligence, the place where the early part of the plot to impeach Mr. Trump was carried out. The Republicans have objected to this, and rightly so, but their complaints have thus far fallen on deaf ears.

During the Trump years, the Sino-American relationship has been strained, not just because of the Wuhan Flu but because of unfair trade policies and because of efforts by the Chinese military to project its power further out into the Pacific. These actions and others are problems for the United States, and Washington must proceed with all deliberate speed to develop strategies to combat them.

No one should have to be reminded that the Intelligence Committee will be one place where members of Congress will be briefed on those strategies. In detail. So we agree with House Republican Leader Kevin McCarthy, California Republican, that Mr. Swalwell’s previous relationship with Ms. Fang, whatever it was, renders him “a national security threat” who should not be allowed to retain his slot on the committee.

Mr. Swalwell will not do the honorable thing and step down, so House Speaker Nancy Pelosi, California Democrat, should remove him. So far, she won’t. Mr. McCarthy would be well within his rights to do whatever is necessary to bring the proceedings of the House to a halt until she does so.

There may be more important pieces of the people’s business for the House to consider, but Mr. Swalwell’s presence on the Intelligence Committee cannot be tolerated. Members should be forced to vote every day the House is in session on whether Mr. Swalwell should remain on the committee. And if Republicans must object to every unanimous consent request, require all bills and amendments to be read out loud on the House floor in their entirety before debate can begin, so be it. Some things are too important to let go without a fight.

December 30, 2020

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。