«
»

コロナ禍で不法移民の国外退去が大幅減

国土安全保障省による移民の強制退去がこの1年間にほぼ30%減少したことが23日、明らかになった。新型コロナウイルスの感染拡大によって、不法に入国する移民を発見、退去させることが難しくなっていることが原因だ。

 2020年9月までの1年間に移民税関捜査局(ICE)が退去させた移民は18万5884人で、2002年以来最低、オバマ前政権時よりもトランプ政権になってそのペースは大きく落ちている。

 ICEはさらに、その間に10万3603人を逮捕したと発表したが、これも過去数年間で最低。2019年の約14万3000人から大幅に減少した。

 一方でICEは、新型コロナ感染拡大への対応に重点的に取り組んできた。

 その一環として、裁判所の命令に従って、収容者の数を減らして感染拡大を防止し、偽の治療薬や防護具が入ってくるのを阻止する取り組みをしてきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。