«
»

一部の有権者がバイデン氏への投票を後悔

  ジョゼフ・バイデン次期米大統領(仮)を支持した有権者の一部は、既に後悔の念を抱いていることが、新たな世論調査で明らかになった。

 保守系の「メディア・リサーチ・センター」(MRC)が委託して行われた世論調査によると、バイデン氏に投票した有権者の約17%がトランプ大統領だけでなくバイデン氏の経歴を知っていたら、投票していなかったと回答した。

 バイデン離れの動きが最も顕著だったのは、同氏の息子ハンター氏が絡む疑わしい取引のことを選挙後に知った有権者だ。バイデン氏に投票した有権者の45%がハンター氏の取引のことを知らなかったと回答。9.4%がそのことを知っていたら、バイデン氏に投票していなかったと述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。