«
»

トランプ法廷闘争は「聖戦」

Robert D. Eldridge

選挙不正は民主主義を破壊

元在沖縄米海兵隊政務外交部次長 ロバート・D・エルドリッヂ氏

 不正が疑われる事例が数多く出ている米大統領選をどう見るか。政治学者で元在沖縄米海兵隊政務外交部次長のロバート・D・エルドリッヂ氏に聞いた。(聞き手=編集委員・早川俊行)

 日本では「不正疑惑」という言葉が使われるが、疑惑ではない。不正だ。不正がなければ、新型コロナウイルス禍でもトランプ大統領が勝っていただろう。それだけ民主党による大規模な不正があったということだ。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。