«
»

ボリビア 反米左派政権が復活

8日、ラパスで行われた就任式で手を振るボリビアのアルセ大統領(AFP時事)

保守派は好機生かせず

 先月18日に実施された南米ボリビアの大統領選挙で、反米左派エボ・モラレス元大統領の後継候補ルイス・アルセ元経済・財務相(57)が当選し、11月8日に就任した。昨年10月の大統領選挙不正事件で14年ぶりに政権を握った保守派は、絶好の好機を生かせず、南米での保守派後退を許してしまった。 (サンパウロ・綾村 悟)

 キューバ革命の英雄として知られたチェ・ゲバラは、1967年にボリビアを南米大陸の革命拠点としてゲリラ活動を行った。ボリビアは南米に強い政治・経済的影響力を持つ国ではないが、内陸国として南米各国と国境を接する要衝地の役割を果たしてきた。

 そのボリビアで行われた大統領選挙は、事実上、モラレス氏が党首を務める社会主義運動(MAS)のアルセ氏と、保守・中道の政党連合から出馬したカルロス・メサ元大統領(67)の一騎打ちだった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。