ワシントン・タイムズ・ジャパン

タブー破る米軍高官訪台 「深刻な中国の脅威を反映」

ビル・ガーツ

 米トランプ政権は、軍高官を台湾に初めて派遣、駆逐艦の台湾海峡通過など、中国への軍事的圧力を強化している。

 米当局は、インド太平洋軍のスチュードマン情報部長(少将)が22日、台湾軍当局との情報共有のため台湾を訪問したことを明らかにした。

 その前日には、米海軍のミサイル駆逐艦「バリー」が、台湾海峡を航行。米第7艦隊は「自由で開かれたインド太平洋への米国の関与を示すためのもの」と発表した。

 中国は数カ月前から、台湾付近での海軍、空軍の活動を活発化させている。9月には、大規模な軍事演習を実施、台湾侵攻への前触れではないかとの見方も出ている。

 米政府は、台湾防衛のために、戦闘機やミサイル、50億㌦以上の武器売却で合意したばかりだ。

 中国外務省の趙立堅副報道局長は、スチュードマン氏訪台に抗議した上で、「事態によっては正当で必要な対応を取る」と警告したが、その内容は明らかにしていない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。