«
»

変わらぬ米国の対中強硬姿勢

ペマ・ギャルポ

日米豪印を中核に連携を 影響力増す在米インド人移民

拓殖大学国際日本文化研究所教授 ペマ・ギャルポ

 米大統領選は11月3日、投票が実施され、メディアはバイデン・ハリス民主党コンビの当確を報道した。しかし現職共和党のトランプ大統領は今回の郵便投票などのプロセスと選挙そのものにも不正があったとして、開票のやり直しを求め、法廷で争う準備に入ったとの報道もある。今後、法廷闘争さらに下院での決選投票まで引きずられた場合、最終決着までさらに時間がかかるもようである。

 トランプ大統領の逆転勝利の可能性もないわけではないが、英、仏、独に加え菅義偉首相もバイデン氏に電話で祝意を伝えるなどしている。まだ決まっているわけではないが、仮にバイデン候補が当選した場合の米中関係について愚見を述べたい。

対中批判が優勢な議会


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。