«
»

バイデン氏のEV推進、環境への影響懸念

 バイデン前副大統領ら民主党員は、米国の将来のグリーンエネルギー政策の一環として電気自動車(EV)への転換を進める前に、それが環境にとってどのような意味を持つのかをよく検討してみた方がいい。

 二酸化炭素排出ゼロを名目にテスラ、ボルトに頼り切ることは、別のさまざまな環境問題を招来し、気候にとっていいという保証はないという主張が増えている。

 自由市場を支持する「企業競争研究所(CEI)」の上級研究員ベン・リーバーマン氏は、「活動家や政治家は、気候変動、大気汚染を解決するための『排出ゼロ』策として、電気自動車を推し続けているが、個人が行う輸送のエネルギー源をガソリンから電気に変えても、大気汚染物質と二酸化炭素をなくせるほど排出量は減らない」と主張する。

 リーバーマン氏は17日、「電気自動車は環境にいいか」という研究報告を発表、EVへのシフトは、バッテリーを製造するための資源の採掘やエネルギー排出の増加、廃棄物という課題も生じるなど「環境への深刻な影響」をもたらすと警告した。

 リーバーマン氏は「何百万人もの国民がガソリン車の乗用車やトラックをEVに変えれば、環境には、現在のようなEVがニッチマーケットである現在と比べて、はるかに大きな悪影響がある」と指摘している。

 将来の完全EV化を支持する人々は、排気管からの直接の排出が減り、大気はきれいになり、空もきれいになると思っている。カリフォルニア州とニュージャージー州は今年、ガソリン車をなくすことを目指す、意欲的なEV販売目標を発表した。

 電動輸送協会のジェネビーブ・カレン氏は、CEIの報告について「これも、曖昧な数値を使って、輸送の未来の事実を否定することを狙ったもの。電動モビリティーが現在、未来にもたらす利益に関して、誰もが認める研究が出ている」と指摘した。

 カレン氏は、2019年の再生可能エネルギーの増加分は、全体のエネルギー増加の75%に当たり、世界的なサプライチェーン(供給網)での技術革新によって「貴重な材料や部品をさまざまな用途に利用したり、別の目的に利用したりできるようになり、電気輸送のもたらす利益は他と比較して拡大している」と主張した。

 「報告の作成者の計算では、石油で動く輸送機関を続け、公衆衛生と環境への被害を受け入れ、気候変動のコストを増やし、不安定な価格による経済への影響を吸収し、次世代技術をめぐる世界的な競争を戦うべき米国の責務を無視することは、国にとっていい政策ということになる。それではつじつまが合わない」

 バイデン氏は政権を取れば、連邦政府の約65万台の自動車を電動にすることを約束している。さらに、充電所を50万カ所増やすことを計画している。エネルギー省は2019年5月に6万8800カ所の急速充電所があり、その3分の1はカリフォルニア州にあるとしており、全体で7倍以上の増加となる。

 これらのEVの目標の基になっているのは、バイデン氏の気候・エネルギー政策であり、この政策の下で2050年までに実質排出ゼロを目指している。事実上、内燃機関で走る自動車、バス、トラックなどの廃止を求めるものだ。

(11月17日付)

◆   ◇   ◆

NEWS STORY/Biden’s drive for electric vehicles raises environmental concerns

Before Democrats like presumptive President-elect Joseph R. Biden trade up to electric vehicles as part of a U.S. green-energy future, they might want to kick the tires on what that would mean for the environment.
Warnings are on the rise that going all-in on Tesla and Bolt in the name of achieving net-zero carbon emissions would result in another host of environmental problems with no guarantee of significant climate benefits.

“While activists and politicians endlessly tout electric vehicles as a ‘zero emissions’ solution to climate change and air pollution, replacing gasoline with electricity as the energy source for personal transportation does not eliminate emissions of air pollutants and carbon dioxide so much as displace them,” said Ben Lieberman, senior fellow at the free-market Competitive Enterprise Institute.

His study, released Tuesday and titled “Would Electric Vehicles Be Good for the Environment?,” warns of “serious environmental impacts” from shifting to electric vehicles, or EVs, including the increased mining and energy output needed to produce their batteries, as well as disposal challenges.

“Substantially moving millions of Americans from gas-powered cars and trucks into EVs would make these environmental downsides much more significant than they are now given that EVs are still a niche market,” Mr. Lieberman said.

Fans of an all-EV future imagine clearer air and cleaner skies from cars with no direct emissions, meaning tailpipe pollution. Both California and New Jersey have announced this year aggressive targets for sales of electric vehicles that would ultimately result in the elimination of gas guzzlers.

Genevieve Cullen, president of the Electric Drive Transportation Association, argued that the CEI paper “looks like another attempt at employing fuzzy math to deny the facts of the future of transportation, even in the face of undisputed scholarship on the current and future benefits of electric mobility.”

She argued that renewable-capacity additions in 2019 accounted for 75% of all net-power capacity growth, and that innovation in the global supply chain is “diversifying and repurposing valuable materials and components, further expanding the comparative benefits of electric transportation.”

“In the author’s equation, clinging to oil-driven transportation and accepting its public health and environmental damages, adding in climate change costs, absorbing the economic consequences of volatile prices and ignoring the imperative for the U.S. to compete in the global race for next generation technology amounts to good national policy,” Ms. Cullen said in a statement. “That math doesn’t add up.”

Under his administration, Mr. Biden has vowed that the federal fleet of nearly 650,000 vehicles would run on electricity. What’s more, he plans to add 500,000 charging stations, a sevenfold increase from the Energy Department’s count in May 2019 of 68,800 fast-charging units, one-third of them in California.

Driving those EV goals is Mr. Biden’s climate and energy plan, which pledges to achieve net-zero emissions by 2050, all but requiring the elimination of cars, buses, trucks and other vehicles run on the internal-combustion engine.

November 17, 2020

14

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。