«
»

トランプ氏 徹底抗戦の構え崩さず 米大統領選

米連邦最高裁前で大統領選に不正があったと抗議するトランプ大統領の支持者たち(山崎洋介撮影)

「大型訴訟を起こす」

 米大統領選でバイデン前副大統領が「勝利」を宣言したのに対し、トランプ大統領は、不正があったとして法廷闘争を展開している。トランプ氏は15日、ツイッターで大統領選の違憲性を示す「大型訴訟を間もなく起こす」と訴えるなど徹底抗戦の構えを崩していない。

 トランプ氏の陣営は、20以上の州で用いられたドミニオン社の集計ソフトに照準を合わせ、問題視している。同ソフトをめぐっては、全国で何百万もの票が同氏からバイデン氏に切り替えられたなどと一部で指摘されている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。