«
»

台湾に高性能無人機売却へ 米政府承認

ビル・ガーツ

対中防衛力を強化

 米政府は、台湾防衛の強化をさらに進め、ミサイル発射が可能な高性能無人機MQ9「リーパー」を含む武器売却計画を承認、議会に通知した。MQ9の台湾への売却は初めてで、4機で総額は6億㌦。

 リーパーは、長時間、高空で滞空することが可能、中東でテロ組織の指導者の殺害などに使用されてきた。空対地ミサイル「ヘルファイア」4発またはレーザー誘導爆弾「ぺーブウェー」2発を搭載可能という。

 今後、対空ミサイル「スティンガー」、迎撃ミサイルも売却される可能性がある。

 台湾は、2005年に400発のヘルファイアを購入しており、その一部をリーパーに搭載することも可能だという。

 政府高官は「台湾の防衛力は高まる。MQ9を導入するのは、NATO(北大西洋条約機構)+5(オーストラリア、ニュージーランド、日本、韓国、イスラエル)以外では初めて。いい一歩を踏み出せる」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。