«
»

新たな暴動・略奪でバイデン氏を非難するトランプ氏

 トランプ米大統領は28日、フィラデルフィアで起きた略奪や路上の暴力をめぐり、ジョゼフ・バイデン前副大統領が「黒人の命は大切(BLM)」運動を支持していることを非難した。対する民主党は、最終週に突入した大統領選でリードするバイデン氏の選挙運動に及ぶ悪影響を最小限に抑えようと、暴動に「弁解の余地はない」と主張している。  「これがバイデン氏が支援する団体だ」。トランプ氏はフィラデルフィアの警官を負傷させ、大型小売店を略奪したデモ隊についてこう語った。「バイデン氏は彼らを非難したがらない。このような混乱は起きてはならない」

 トランプ氏はアリゾナ州ブルヘッドシティーで行った選挙集会で、4000人以上の支持者に対し、バイデン氏と副大統領候補のカマラ・ハリス上院議員は「暴徒と破壊者たちを支持している」と語った。

 「私は法執行機関の英雄たちを支持する」。トランプ氏はこう訴えた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。