«
»

政治的検閲に直面して

 災難の中には対応する時間もなく雪崩のように突然やって来るものがある。一方、中には、点滅する早期警戒灯のような物の前触れと共にやって来るものもある。米国人は、差し迫る大統領選に関連するあからさまなニュースの検閲に衝撃を受けているが、そういうことはあってはならない。

 不穏当な政治的偏見が、ネット上の公的広場で増加する現象が見られる。すでに何百万票が投じられており、自由な言論に対する破壊的掌握が行われつつあることについての公表の努力は、あまりにも少なく、あまりにも遅い。

 民主党の大統領候補ジョー・バイデンの息子、ハンター・バイデンの物とみられるノート型パソコンで発見された爆弾は、有力なソーシャルメディアが衆目が届かないようすることを決め、先週、素早く封じ込められた。ニューヨーク・ポスト紙を除いて、当時のバイデン副大統領とウクライナのエネルギー会社、ブリスマ・ホールデイングスの重役との会談に言及する電子メールを含む、バイデン親子介入問題へアクセスし、捜査するようにとの昨年のトランプ大統領の要求について、報道したところはなかったが、この爆弾問題は、初めて、トランプ氏の求めに理論的根拠を与えたのであった。これは、連邦議会の民主党員が、トランプ氏を大統領の座から追い落とそうとして、失敗した物語であったのだ。

 ハンター・バイデンに関する暴露話は、大きなオクトーバー・サプライズになる。バイデン氏のイメージに泥を塗る可能性があるからだ。しかも、それは、共和党の大統領を相手に、彼が決戦に挑む選挙日の数週間前に発覚した。しかし、ツイッターやフェイスブックは、使用者が、その物語にリンクできないようブロックする道を選んだ。読者はそれを読もうとオンラインかくれんぼをせざるを得なくなった。

 メディアの中でもソーシャルメディアほど偏見が多く見られる所はない。もともと、都市の広場に相当するネット上の広場を目指していたが、多くのオンライン・プラットフォームは、進歩主義的考え方をひいき目に見、また、バイデンのパソコンのストーリーの場合ように、直面する物の品定めをし――そして、時には、検閲する――いわゆる、ファクトチェッカーを取り入れることによって客観性を放棄したりするのである。

 フェイスブックの最高経営責任者、マーク・ザッカーバーグは、政治家のファクトチェック(検証行為)をすることに対し、警告を発したが、バイデン政権移行チームに席を置くツイッターの幹部カルロス・モンジェの仲間になったザッカーバーグの元部下、ジェシカ・ヘルツと共に、民主党の方に有利になるように、ひそかに働く誘惑に抗し切れないでいるようである。ザッカーバーグ氏は、ツイッターの最高経営責任者のジャック・ドルシーと共に、上院司法委員会でニューヨーク・ポスト紙の話を抑え込もうとしたことの説明をするよう求められている。自発的にするのか、召喚状があるからなのかは分からないが。

 報道が常に90%、ネガティブに位置付けされるトランプ氏にとって、上院というおしゃべり集団は力が足りない。大統領は火曜日に、ウィリアム・バー米司法長官に、バイデンのパソコンが不法な汚職を暴露するものか調べるための特別検察官を任命するよう求めた。一方、連邦通信委員会のアジット・パイ委員長は、1996年の通信品位法230節の厳格化された条項を作成している。それは、好ましくないコンテンツに対して、オンライン・プラットフォームに免責することを目的としたものであった。ホワイトハウスによると、現行の規則は「現実には、コミュニケーションという極めて重要な手段をめぐって権力を振り回し、特定の考え方を検閲することによって、自由で、オープンな討論を封じ込める詐欺的な、あるいは、口先だけの行為を専らとする」連中によって乱用されてきていると言う。

 悲しいことに、検閲の警告灯には、2020年選挙の破壊的現象を止めるべく、適切なタイミングで注意が払われることはなかった。現在の政治闘争からの煙が消え去った時に、国民の言論の自由に対する尊敬の念が依然として守られているか否か、国民は思い知るであろう。

(10月22日付)

◆   ◇   ◆

Confronting political censorship

Some disasters arrive with the suddenness of an avalanche with no time to react, while others are preceded by a flashing early-warning sign.

Americans are shocked by blatant censorship of news relevant to the impending 2020 presidential election, but they shouldn’t be. Unsavory political bias has been a growing phenomenon in the electronic public square. With millions of votes already cast, efforts to release the subversive grip on free speech are too little, too late.
The bombshell discovered on a laptop purportedly belonging to Hunter Biden, son of Democratic presidential contender Joe Biden, were quickly contained last week when dominant social media platforms chose to shield them from public view. A New York Post exclusive, including email references to a meeting between then-Vice President Biden and an executive of corruption-tainted Ukrainian energy firm Burisma Holdings, lent fresh rationale to President Trump’s call last year for investigation of the Bidens for peddling access. Congressional Democrats retaliated and tried unsuccessfully to oust Mr. Trump from office.

The Hunter Biden revelations comprise an epic October surprise with the potential of tarnishing Mr. Biden’s image weeks before his Election Day faceoff against the Republican president. But Twitter and Facebook chose to block users from linking to the story, effectively forcing readers to engage in a game of online hide-and-seek to read it.

Nowhere is media bias more jarring than in social media. Originally envisioned as an electronic equivalent of the town square, many online platforms have abandoned objectivity by favoring progressive content and installing so-called fact checkers to weigh - and sometimes censor - countervailing material, like the Biden laptop story.

Facebook CEO Mark Zuckerberg has warned against fact-checking politicians, but with his former subordinate Jessica Hertz joining Twitter executive Carlos Monje on the Biden transition team, the temptation to put a thumb on the Democrats’ side of the scale is apparently irresistible. Mr. Zuckerberg, along with Twitter CEO Jack Dorsey, has been fingered to explain the suppression of the New York Post story before the Senate Judiciary Committee, either voluntarily or by means of subpoena.

For Mr. Trump, whose press coverage is consistently ranked at 90% negative, Senate chat-fests are not enough. The president on Tuesday called on U.S. Attorney General William Barr to appoint a special counsel to probe whether the Biden laptop reveals illicit corruption. Meanwhile, Federal Communications Commission Chairman Ajit Pai is composing tightened provisions for Section 230 of the Communications Decency Act of 1996, which was meant to immunize online platforms from liability for objectionable content. Current rules have been abused, says the White House, by those who “in reality use their power over a vital means of communication to engage in deceptive or pretextual actions stifling free and open debate by censoring certain viewpoints.”

Sadly, censorship warning lights were not heeded in time to halt subversion of Election 2020. When smoke from the current political battle clears, the nation will discover whether its reverence for free speech still stands.

October 22, 2020

7

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。