«
»

世界最大の湿原パンタナル、未曽有の森林火災が襲う

炎に包れるパンタナルの森=2020年9月

破壊される生態系 旱魃と熱波で事態悪化

 2019年と20年は、オーストラリアや米西海岸、南米などで大規模な森林火災が次々と発生した。地球温暖化や異常気象への警告、環境保護の必要性が以前にも増して注目されることになった。南米の森林火災で関心を集めているのはアマゾン熱帯雨林だが、それにも増して深刻なのが世界最大の湿原であるパンタナルの状況だ。(サンパウロ・綾村悟)

 パンタナルは、ブラジル中西部に位置し、その一部はパラグアイやボリビアにもまたがる。貴重な生態系が存在することから、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界自然遺産に指定されている。

 絶滅危惧種のアオコンゴウインコやオオアルマジロ、ジャガー、カワウソなど数千種もの動植物相にあふれ、「生命の楽園」とも呼ばれる。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。