«
»

イランが有権者情報を入手、なりすましメールで脅迫

 ラトクリフ国家情報長官は21日、イランとロシアが米有権者の登録情報を入手し、イランはすでにその情報を使って、有権者を「脅迫」し、「トランプ大統領の評判を貶(おとし)め」ていると述べた。
 ラトクリフ氏と連邦捜査局(FBI)のレイ長官は緊急記者会見で、被害は出ていない、選挙システムの安全性を信じてほしいと訴えた。

 ラトクリフ氏は、この二つの敵国は、偽情報と脅迫で選挙に影響を及ぼそうとしていると指摘した。

 「一部の有権者登録情報をイランとロシアが個別に入手した。このデータを使って、外国の工作員がうその情報を有権者に流すことが可能になる。混乱を引き起こしたり、信頼を失わせたりすることを目指している」

 ラトクリフ氏によると、情報機関はすでに、イランの工作員が電子メールを送り、「有権者を脅し、社会的不安をあおり、トランプ大統領の評判を貶めようとした」ことを把握している。

 ここで触れられたのは、フロリダ、アリゾナ、アラスカ、ペンシルベニア州の有権者が受け取った電子メールとみられる。送信者は極右「プラウド・ボーイズ」となっており、トランプ氏を支持しない有権者を「追跡する」と脅迫している。

 ラトクリフ氏は、これはプラウド・ボーイズを装った「成り済ましメール」との見方を明らかにした。

 送信者は、有権者登録のデータから受信者を特定したとみられ、メールで、登録を共和党に切り替え、共和党に投票するよう求めている。また、どちらに投票したかは分かるとも主張している。

 サイバー・セキュリティー・インフラストラクチャー・セキュリティー庁(CISA)のクリス・クレブス局長はツイッターで、これらのメールが、何者かに成り済ますために作られたものであることを明らかにした。

 さらに、投票の秘密は法律で定められており、誰に投票したかは誰にも分からないと指摘した。

 ラトクリフ氏によると、イランはそれだけでなく、海外から不正投票を行うことができることを示唆する偽の動画にも関与している。

 この動画は、主に軍人や海外の有権者が利用する連邦記入不在者投票(FWAB)で選挙結果を変えられると主張している。CISAによると、票数はそれほど多くなく、選挙結果を変えられるほどではない。FWABの利用が急増すれば、「異常として検知される」という。

 ラトクリフ氏は「情報機関の優秀な職員らが、この動きを瞬時に捉えた」と述べた。

 同氏によると、ロシアも2016年と同様、有権者情報を入手していると指摘した。しかし、情報機関は今のところ、ロシアによるイランと同様の活動を検知していない。

(10月21日付)

◆   ◇   ◆

NEWS STORY/Iran obtained voter information, sending ‘spoof emails’ to intimidate voters, ‘damage’ Trump

Iran and Russia have obtained U.S. voter registration information and Iran is already using it to “intimidate” voters and “damage President Trump,” Director of National Intelligence John Ratcliffe said Wednesday night.
In a hastily called press briefing, Mr. Ratcliffe and FBI Director Christopher Wray said no votes have been compromised, and Americans should have faith in the resilience of the system.

But Mr. Ratcliffe said the two adversary nations are trying to influence the elections through misinformation and intimidation.

“We have confirmed that some voter registration information has been obtained by Iran and separately by Russia,” he said. “This data can be used by foreign actors to attempt to communicate false information to registered voters that they hope will cause confusion, sow chaos and undermine your confidence.”

He said the intelligence community has already detected emails sent by Iranian operatives “designed to intimidate voters, incite social unrest and damage President Trump.”

That was apparently a reference to emails received by some voters in Florida, Arizona, Alaska and Pennsylvania, supposedly from the far-right Proud Boys, and threatening to “come after” voters who don’t back Mr. Trump.

Mr. Ratcliffe said those were “spoof emails,” designed to look like they were coming from the group.

In the email, the sender identified the recipient - apparently from the voter registration data - then told them to switch their party registration to Republican and to vote Republican. The sender insisted they would know who voted which way.

Chris Krebs, director of the Cybersecurity and Infrastructure Security Agency, took to Twitter to confirm that those emails were forged to look like they came from someone else.

He also pointed out that ballot secrecy is the law across the country, so there’s no way anyone could figure out how a voter voted.

Iran is also behind a video falsely implying people can cast fraudulent ballots from overseas, Mr. Ratcliffe said.

In that case, the video suggests that the Federal Write-in Absentee Ballot, primarily a backup ballot for military and overseas voters, could change election outcomes. Mr. Krebs’s organization said relatively few are cast, so they are not likely to be able to swing an election. And if there were a spike in their use, it “would be detected as anomalous.”

“The great men and women of intelligence caught this activity immediately,” Mr. Ratcliffe said.

Mr. Ratcliffe said they know Russia also has voter information, just as they did in 2016. But as of yet, the intelligence community hasn’t detected Russian efforts along the lines off the Iranians.

October 21, 2020

7

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。