«
»

米国「孔子課堂」へ警戒呼びかけ

ビル・ガーツ

全米の学校運営者らに書簡

 米国の国務省と教育省は13日、全米の高校以下の学校に設けられている「孔子課堂」の教育プログラムは児童・生徒らを狙った影響工作だとする書簡を、全米の学校運営者に送付、警戒を呼び掛けた。孔子課堂は、世界各地の大学で中国語や中国文化の教育を行っている「孔子学院」の傘下にあり、米政府は学院の年内閉鎖を目指している。

 ポンペオ国務長官とデボス教育長官は州教育委員会に送った書簡で、孔子課堂は中国政府からの資金提供を受けており、その教育プログラムは、「米国の教育にとって現実の脅威だ」と訴えている。

 書簡は、中国がカリキュラムを作成し、中国語の訓練を受けた教師を、米国の幼稚園から高校まで数百校に送り込んでいると指摘、「孔子課堂は実際に中国の世界的影響工作活動の重要な部分を占めている。現在、毎日何万人もの米国の子供に接触している」と強調している。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。