«
»

ハリスは「無謀社会」への道を開く

 共和党のマイク・ペンス副大統領と、民主党のカマラ・ハリス副大統領候補の隔たりは、単なるアクリル板(透明の仕切り)以上のものである。水曜日(7日)の夜に行われた1回のみの副大統領候補討論会の中で示された、米国をいかに指導していくかについてのそれぞれの見解には、大きな隔たりがあったのだ。

 本質的に、彼らは、現行の立憲共和制の継続と、社会主義体制への転落のいずれかを選択する代表者として立っている。

 水曜日の夜の西部ユタ州ソルトレークシティーでの新型コロナウイルスのための各種規制が施された会場での討論会の焦点は、先週の共和党のドナルド・トランプと、民主党のジョー・バイデンとの間の大統領候補討論会の間に投げ付けられた個人攻撃のために行方不明になった幅広い政治的目標の方へ移って行った。もっとも、個人的問題にしても、政策にしても、同じコインの裏表にすぎない。

 司会者のUSAトゥデーのワシントン支局長スーザン・ページを名指しして、マイク・ペンス副大統領は、有権者が直面する選択を次のように描写した。「ジョー・バイデンは、民主主義が投票用紙に懸かっていると言うが、スーザン、間違えてはいけない。米国の経済、米国のカムバックが、投票用紙に懸かっているのだ。ドナルド・トランプ氏が、さらに次の4年も大統領になれれば、2021年には、この国は歴史上最大の経済大国になる」

 ハリス女史は、トランプ氏がCOVID-19との闘いから逃げていたために、新型コロナによる危険を認識できず、それによって起きた結果を隠蔽(いんぺい)したと示唆した。つまり、彼女は「米国人は、わが国のどの大統領の政権を見ても、史上最大の失策となるものを目撃したのだ。彼らは、何が起こりつつあるかを知っていながら、皆に知らせなかったのだ」と言うのである。

 トランプ氏は中国からの新型コロナの感染拡大を早期に食い止めようと努力したのであるが、にもかかわらず、彼が21万人の米国人の新型コロナ死に責任があると言うのなら、ハリス女史も、また、同じように、その病気で死亡したカリフォルニア州の有権者1万6000人を救えなかった責任を負わなければならない。無論、どちらも、パンデミックのような予測不能の「ブラック・スワン」イベント(めったに起こらないが、実際に起こると壊滅的被害をもたらす出来事)の責めを負う立場にはない。だから、打ち続く苦しみに非難の言葉を投げ付けることは、恥ずべき戦術である。

 もっとも、民主党員が、大統領や、「ホワイトハウスのコロナウイルス対策班」長としてのペンス氏を有罪にしようと決意して、バイデン・ハリス・チームを支援することは、世論という法廷を相手にしている以上、仕方がない。最新の選挙予想サイト「ファイブサーティーエイト」の調査では、回答者の57%が大統領の新型コロナ対策に反対し、その一方で、40%しか賛成していない。

 ちょうどハリス女史が支持する大きな政府の処方箋に似て、有害なように、それは、合衆国を、バイデン氏を監督官のトップとする従順な労働者の国に変えてしまうであろう。バイデン氏や、彼の代理人によって仕切られるにせよ、4兆㌦の新税や、国民皆保険(メディケア・フォー・オール)の変形、「グリーン・ニューディール」(温暖化防止と経済格差を是正する経済刺激策)、何百万人もの違法移民の恩赦などの政策は、飼いならされた、逆らうことのない民衆を未来へ引っ張っていく抜け目のない刺激策の役割を担うであろう。

 米国人は、マイク・ペンスを困難な時代を生きるドナルド・トランプの堅実な片腕として理解している。一方、彼らは、カマラ・ハリスのことを注意深く見るにつれて、黒人女性としてのステータスよりも、もっと重要なのは、彼女が民主党員の大統領への切符を手に入れることは、彼女が社会に安心・安全をもたらすか、あるいは、不安や危険に満ちた無謀な社会をもたらすか、に懸かっていることに気付く。アクリル板を置いたとしても、彼女が、ジョー・バイデンに手を貸して、国を社会主義の淵に追い込む可能性をぼやかすことはできない。

(10月8日付)

◆   ◇   ◆

A ticket for recklessness: Harris leaves little debate over where Biden would steer America

Mike Pence and Kamala Harris are divided by more than just plexiglass. Their views on America’s leadership, on display during the sole vice presidential debate Wednesday night, are miles apart. In essence, they represent a choice between the current constitutional republic and a descent into socialism.

The discourse in a coronavirus-restricted hall in Salt Lake City Wednesday night shifted focus toward broad political aims missing among the personal attacks hurled during last week’s presidential debate between Republican Donald Trump and Democrat Joe Biden. Person and policy, though, are opposite sides of the same coin.

Addressing debate moderator Susan Page of USA Today, Vice President Mike Pence described the choice facing voters: “Joe Biden says democracy is on the ballot, make no mistake about it, Susan. The American economy, the American comeback is on the ballot . With four more years of President Donald Trump, 2021 will be biggest economic year in the history of this country.”

As Mr. Trump shakes off his own run-in with COVID-19, Ms. Harris suggested that the president failed to recognize the danger posed by the virus and covered up its consequences: “The American people have witnessed what is the greatest failure of any presidential administration in the history of our country. They knew what was happening, and they didn’t tell you.”

If Mr. Trump is culpable for the coronavirus deaths of 210,000 Americans despite his early efforts to halt the virus’ spread from China, then Ms. Harris is likewise responsible for a failure to save 16,000 of her Golden State’s constituents who have succumbed to the disease. Of course, neither deserves blame for an unpredictable “black swan” event like a pandemic, and casting blame for the ensuing suffering is a shameful political tactic.

Democrats backing the Biden-Harris ticket are undeterred, though, in their determination to convict the president, and Mr. Pence as head of the White House Coronavirus Task Force, in the court of public opinion. In the latest FiveThirtyEight survey, 57% of respondents disapprove of the president’s handling of the virus, while only 40% approve.

Just as harmful are the big-government prescriptions Ms. Harris champions that would transform the United States into a nation of submissives, with Mr. Biden as chief overseer. Whether wielded by Mr. Biden or his understudy, policies like $4 trillion in new taxes, variations on Medicare for All and the Green New Deal, and amnesty for millions of illegal immigrants would serve as pointy prods for steering a cowed populace toward a subservient future.

Americans know Mike Pence as Donald Trump’s steady hand in troubled times. As they scrutinize Kamala Harris, more pertinent than her status as a Black woman is whether she brings stability or recklessness to the Democrats’ presidential ticket. Plexiglass can’t obscure the likelihood that she would help Joe Biden drive the nation into a socialist ditch.

October 8, 2020

7

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。