«
»

白人至上主義者が国内過激派最大の脅威

 昨年、米国内の過激派による事件での死者数が、過去25年間で最多となった。そのうちのほとんどは白人至上主義者によるものだった。国土安全保障省の新たな脅威評価報告で明らかになった。
 公表が待たされていたこの報告は、白人至上主義を、この国にとって「最も継続的で致死性の高い」国内の脅威とする一方で、ウルフ長官代行は、反権力を訴える暴力的抗議デモが「警戒すべき」水準にまで増加していると警告した。

 従来の脅威としてウルフ氏は、ロシアを、大統領選で偽情報を流す「主要な」敵としており、ロシアの目的は、特定の候補の支持というよりも、米国を弱体化させることにあるとの見方を示した。

 サイバー攻撃に関してロシアは最も強力な敵であり、中国が台頭しており、イランと北朝鮮も能力を高めているとウルフ氏は指摘した。

 このような脅威評価報告は、国土安保省としては初めてのもので、新たな分野を開拓するという意味ではなく、国土安保省がどのような情報を持っているかをめぐって、公表へ期待が高まっていた。

 民主党は数週間前から、白人至上主義者に関する結論の影響を弱めるために、報告の公表を遅らせているとウルフ氏を非難していた。6日に公表された報告には、トランプ政権は白人至上主義者など過激な人種差別主義者らの暴力について認識していたことを示す厳しい文言も盛り込まれている。

 ウルフ氏は報告の前書きで、「白人至上主義の暴力的な過激派について特に懸念している。近年の嫌悪すべき、特定の標的に対する攻撃は前例がないほど致死性が高い」と述べている。

 議会民主党は何年も前から、白人至上主義者について同様の懸念を訴え、トランプ政権は人種差別的過激派の危険性を過小評価する一方で、過激なイスラム教徒や国外のテロリストの危険性ばかりを訴えてきたと主張してきた。

 報告ではこの点について慎重な対応をしており、米国内のテロリストの脅威のうち、一匹おおかみ、小さな集団による攻撃が「主要な」脅威であり、「国内暴力的過激派(DVE)」と「ホームグロウン(国産)暴力的過激派(HVE)」は区別すべきだと主張している。

 DVEのうち、白人至上主義者が今のところ、最も危険性が高い。

 入手可能な最新のデータによると、2019年に白人至上主義者は8件の攻撃を行い、39人を死亡させた。ほかのDVEは8件の攻撃を実施しているが、死者はわずか9人だ。一方のHVEは、5件で1人が死亡している。

 従来の国内の安全保障への脅威として報告は、国外に拠点を持つテロ組織が米国攻撃へ力を誇示しているが、「攻撃を実施する能力を抑制しているようだ」と指摘している。

 一方でイランは、米国への報復の脅しのためにテロ組織との関係を継続させている。

(10月6日)

◆   ◇   ◆

NEWS STORY/DHS: White supremacists are the most lethal domestic extremist threat

Last year was the deadliest for incidents of domestic extremism in 25 years - and White supremacists were responsible for the vast majority of people killed in them, Homeland Security said Tuesday in a new threat assessment.
The long-awaited report labeled White supremacists “the most persistent and lethal” domestic threat to the country - though acting Secretary Chad F. Wolf also warned of an “alarming” rise of violent protests trading on anti-authority messages.

For more traditional threats, Mr. Wolf labeled Russia the “primary” enemy when it comes to injecting disinformation into the election - though he said Moscow’s aim is less about selecting a candidate and more about weakening the U.S.

And he said that when it comes to cyberattacks, Russia is a most capable enemy, China is rising, and Iran and North Korea are also looking to flex their muscles.

The threat assessment, the first of its kind for the department, had been highly anticipated, not because it breaks new ground but because of what it acknowledges.

Democrats for weeks had accused Mr. Wolf of delaying the assessment in order to try to water down the conclusions on White supremacists. Instead, Tuesday’s report contains stern language signaling the Trump administration acknowledges the violence of White supremacists and other racist extremists.

“I am particularly concerned about white supremacist violent extremists who have been exceptionally lethal in their abhorrent, targeted attacks in recent years,” Mr. Wolf said in his introduction to the report.

Democrats on Capitol Hill have been pushing for that kind of evaluation of White supremacists for several years, arguing that the Trump administration had been downplaying the dangers of racist extremists while overselling the dangers of radical Islamic or foreign-born terrorists.

The assessment handles the comparison carefully, saying that of terrorist threats inside the U.S., lone-wolf or small-cell attacks are the “primary” danger, split between Domestic Violent Extremists, or DVEs, and Homegrown Violent Extremists, or HVEs.

And among the DVEs, White supremacists are the biggest danger right now.

In 2019, the latest data available, White supremacists were responsible for eight attacks and 39 deaths. Other DVEs also accounted for eight attacks, but just nine deaths. HVEs, meanwhile, perpetrated five attacks and killed one person last year.

Among the more traditional homeland security challenges, the assessment said foreign-based terrorist organizations will saber-rattle over attacking the U.S., but “probably will remain constrained in their ability to direct such plots.”

Iran, though, will continue to flex its own ties to terrorist organizations as a retaliatory threat against the U.S.

October 6, 2020

6

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。