«
»

人種問題研修の中止を命令 トランプ米大統領

7日、米ホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領(UPI)

「反米プロパガンダ」と非難 保守派から懸念の声

 トランプ米大統領は4日、政府機関職員を対象にした人種差別に関する研修を「反米プロパガンダ」だとして、中止するよう命じた。研修は「すべての白人が本質的に人種差別的」などと主張する左派イデオロギーに基づいた内容で、保守派らから懸念の声が上がっていた。(ワシントン・山崎洋介)

 「政府職員に分裂を引き起こす反米プロパガンダを信じ込ませるよう『訓練する』ため、これまで何百万㌦もの税金を費やしてきた」

 行政管理予算局(OMB)のラッセル・ボート局長は4日、政府機関に向けたメモで、トランプ氏による大統領令の理由をこう説明した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。