«
»

中国の米軍技術導入にバイデン氏の息子 関与か

ビル・ガーツ

ドキュメンタリー映画が指摘

 公開されたばかりの米ドキュメンタリー映画「ライジング・ザ・ドラゴン」によると、民主党大統領候補ジョセフ・バイデン氏の息子ハンター・バイデン氏は、中国政府の支援を受け、軍関連の取引にも関与している上海の渤海華美(BHR)の取締役を務めていた。映画を製作したジャーナリストのピーター・シュワイザー氏は、中国による米軍事技術導入に何らかのかたちで関与していたのではないかと指摘している。

 映画によると、BHRは、当時副大統領だったバイデン氏が2013年に中国を訪問した直後に、中国政府から1億㌦の支援を受けて設立された。以後、国有企業、中国航空工業集団(AVIC)など中国軍と関係のある企業と協力してきた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。