ワシントン・タイムズ・ジャパン

キャンセル文化 異論封じる風潮が蔓延

8月25日、米共和党全国大会で演説した18歳のニック・サンドマンさん(UPI)

 「私は自分の身に起きた事に名前があることを知った。それは『キャンセルされた』というものだ」

 先月下旬の米共和党全国大会で、18歳のニック・サンドマンさんは、昨年1月、首都ワシントンで妊娠中絶反対デモ参加後に起きた短時間の出来事が「人生を永遠に変えた」と語った。

 当時、高校生だったサンドマンさんと、歌いながら太鼓を叩(たた)く先住民の長老がリンカーン記念堂前で、向き合う動画が話題となった。

 その時笑みを浮かべていたサンドマンさんやその周りにいた仲間の学生が先住民の男性を取り囲んで侮辱したとして、ソーシャルメディアで「人種差別主義者だ」などと非難を浴びた。多くのメディアもこの動画をもとに、サンドマンさんらが「嫌がらせをした」などと悪者扱いした。

 バッシングは過熱し、サンドマンさんら生徒は殺害脅迫も受け、通っていたケンタッキー州のカトリック系高校は一時休校に追い込まれる異常事態となった。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。