«
»

米政府系メディア 中国のネット検閲、対策強化

ビル・ガーツ

迂回ツール開発計画「自由獲得への一撃」

 米政府系放送局を管轄する「米グローバルメディア局(USAGM)」は、中国などが、インターネットを通じて入ってくる情報を遮断するために設けているファイアウオールを回避するための新たな取り組みを始めることを明らかにした。

 米国は2016年に、中国、イランなどの全体主義国による、ネットへのアクセス制限に対処するためにUSAGMに「インターネット自由室(OIF)」を設置した。ところがUSAGMのCEO、マイケル・パック氏は、OIFの活動がこれまで、事実上、停止されてきたと指摘、「OIFを脇に追いやっていたこれまでの幹部とは違い、インターネットファイアウオール迂回(うかい)を最優先とする。情報へのアクセスを可能にすることは、自由獲得への一撃となる」と従来の方針を転換することを強調した。

 パック氏は6月のCEO着任後、ラジオディレクター全員を解雇、局内の立て直しを進めている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。