«
»

米、TikTok国内使用禁止か

字節跳動

トランプ政権 中国共産党の情報工作懸念

 中国のバイトダンス社が開発運営する短編動画投稿アプリ「TikTok(ティックトック)」について、米国のトランプ政権が強い警戒感を示している。トランプ大統領は6日、ティックトックやコミュニケーションアプリ「微信(ウィーチャット)」などを運営する中国企業等との取引を禁止する大統領令を出した。

 米国内での使用を禁止する可能性も示唆する一方、米大手IT企業マイクロソフトが米国を含む複数国での事業を対象に買収に乗り出していると報じられている。中国通信企業の「ファーウェイ」、中国系米国人が創業したウェブ会議システム「ズーム」に続いて、中国系企業・技術の排除が続くが、そもそもトランプ政権はティックトックの何を警戒しているのか。 (デジタルメディア編集部・桑原孝仁)


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。