«
»

対中包囲へ連携強化

オーストラリアのペイン外相(左)と面会したポンペオ米国務長官=27日、ワシントン(AFP時事)

米豪2プラス2 南シナ海主張を非難

 米国とオーストラリアの外交・防衛担当閣僚協議(2プラス2)が28日、ワシントンの国務省で行われた。両国は、南シナ海における中国の領有権主張は「国際法の下、無効」だと非難。米国が民主主義国家による対中包囲網の構築を呼び掛ける中、対中批判で両国が足並みを揃(そろ)えた形だ。(ワシントン・山崎洋介)

 米豪の共同声明で中国政府による香港の自治侵害やイスラム教徒の少数派ウイグル族弾圧に対して「深刻な懸念」を表明。また、台湾の「インド太平洋地域における重要な役割」を再確認し、国際機関への加盟やオブザーバー参加を支援するとした。

 このほか、中国やロシアを念頭に「国家主導の悪意ある偽情報工作や民主的手続きへの介入」に対抗するため、両国で作業グループを設置することに合意した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。