«
»

トランプ米大統領 中国公館追加閉鎖「あり得る」

22日、米ホワイトハウスで記者会見するトランプ大統領(UPI)

国務長官、知財窃盗非難 スパイ活動、FBIが捜査

 トランプ米大統領は22日、南部テキサス州ヒューストンの中国総領事館閉鎖を命令したことに関し、他の在米公館についても「常に可能性がある」と述べ、中国を牽制(けんせい)した。

 ヒューストンの総領事館で21日夜に火災が起きたことにも触れ「文書や紙を燃やしたのだろう」と述べ、中国が機密書類を焼却したことを示唆した。(ワシントン・山崎洋介)

 ポンぺオ国務長官は訪問先のコペンハーゲンでの記者会見で、総領事館閉鎖について、中国による知的財産の窃盗が「今後も続くことは容認しない」と強調。その上で、「われわれは中国共産党がどう振る舞うべきかについて明確な考えを示した。もしそうしなければ、われわれの安全保障や経済、雇用を守るための措置を取る」と警告した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。