«
»

習主席は「全体主義の信奉者」

23日、米西部カリフォルニア州ヨーバリンダで演説するポンペオ国務長官(EPA時事)

米国務長官 民主国家の連携呼び掛け

 ポンぺオ米国務長官は23日、西部カリフォルニア州で対中政策について演説し、中国の習近平国家主席は「破綻した全体主義的イデオロギーの信奉者」だと名指しで批判した。「自由世界はこの新たな暴政に打ち勝たなくてはならない」と述べ、民主主義国が連携して中国の脅威に対抗するよう呼び掛けた。(ワシントン・山崎洋介)

 ポンぺオ氏は「共産主義の中国と自由世界の未来」と題した演説で、歴代米政権による「盲目的関与という古いパラダイムは失敗した。われわれはこうした政策に戻ってはならない」と強調し、経済発展を支援することで中国の民主化を促そうとした従来の関与政策との決別を明確にした。同政策の下で中国はむしろ強権的姿勢を強め、「恩をあだで返してきた」と非難した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。