ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

ハリウッドは中国に屈するな

バー米司法長官=6月8日、ワシントン(AFP時事)

米司法長官 利益優先の大手企業を非難

 バー米司法長官は16日、中西部ミシガン州で講演し、ハリウッドの映画制作会社や大手IT企業が「短期的な利益のために米国の自由と開放性を犠牲にしてまで中国に屈している」と非難した。自由主義的価値観を守るため米企業に中国からの圧力に抵抗するよう呼び掛けた。

 バー氏は、ハリウッドの映画制作会社が中国での上映を認めてもらうため、「世界で最もひどい人権侵害者である中国共産党に譲歩し、頻繁に自らの映画作品を検閲している」と批判。中国へ配慮を示した例として、映画「ワールド・ウォーZ」で人間を狂暴化させるウイルスが中国起源であることを推測する発言が削除されたと報じられたこと、また映画「ドクター・ストレンジ」で、原作ではチベット民族だった老師役の登場人物がケルト民族に変更されたことなどを挙げた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。