«
»

中国 スパイ事件半数関与

レイ米連邦捜査局(FBI)長官=2019年11月、ワシントン(AFP時事)

FBI長官 コロナ研究も標的

 米連邦捜査局(FBI)のレイ長官は7日、中国の対米工作について米シンクタンク、ハドソン研究所で演説を行い、FBIで現在実施されている約5千件の防諜(ぼうちょう)捜査のうち「半分近くが中国に関連している」と明らかにした。また、新型コロナウイルスに関する研究も中国によるスパイ行為の標的となっていると強調した。(ワシントン・山崎洋介)

 レイ長官は「わが国の情報と知的財産、経済力に対する最大の長期的脅威は、中国による諜報活動と経済スパイ活動だ」と警告。中国に関する事案は近年増加しており、FBIは「約10時間ごとに新たな中国に関する防諜捜査を開始している」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。