«
»

【2020米大統領選】「トランプ劣勢」は本当か

共和党のトランプ大統領(左)と民主党のバイデン前副大統領(AFP時事)

大手世論調査 精度に疑問 実際は接戦の可能性も

 11月の投票日まで4カ月を切った米大統領選は、民主党のバイデン前副大統領のリードを伝える世論調査結果が相次いでおり、共和党のトランプ大統領は再選が厳しくなったとの印象を与えている。

 だが、世論調査はどこまで信頼できるのか。2016年の前回大統領選は、民主党のクリントン候補が優勢という世論調査と逆の結果となっただけに、過信は禁物だ。(編集委員・早川俊行)

 ニューヨーク・タイムズ紙は先月26日付で、大統領選の勝敗を左右する激戦6州すべてで、バイデン氏がトランプ氏をリードしているとの世論調査結果を公表した。トランプ氏が前回選挙で僅差で勝利したラストベルト(さび付いた工業地帯)のミシガン、ウィスコンシン、ペンシルベニア3州で10~11ポイント、大票田のフロリダ州でも6ポイントの差が開いているという。これを聞けば、トランプ氏の再選はかなり厳しいとの印象を受ける。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。