«
»

米政権 香港への優遇見直し

トランプ米大統領=6月26日、ワシントン(EPA時事)

防衛輸出制限 中国本土並みに

 トランプ米政権は29日、中国が香港の統制を強化する「国家安全維持法」への対抗措置として、香港への優遇措置を一部停止すると発表した。香港への防衛機器の輸出を停止し、軍民両用技術の輸出を中国本土並みに規制する措置を講じるとし、中国の動きを強く牽制(けんせい)した。 (ワシントン・山崎洋介)

 トランプ大統領は5月下旬、中国が国家安全維持法を導入したことを受け、米国が香港に認めてきた優遇措置の廃止に向けた手続きに入ると発表していた。この中で、軍民両用技術への輸出規制などを検討するとしていた。

 今回の措置は、先週発動を発表した香港の自治侵害に関与した中国共産党員らへのビザ(査証)制限に続くもので、トランプ政権は対中圧力を強めている。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。