«
»

「奴隷制が米国の原点」

「1619プロジェクト」を掲載したニューヨーク・タイムズ・マガジン2019年8月18日号(ニューヨーク・タイムズ社ホームページより)

NYタイムズが自虐史観煽る

 米国で黒人男性の暴行死を受けて抗議デモが広がったが、背景にあるのは「米国は差別国家」という認識の広がりだ。米国民が国家への不信感を強める大きな要因として指摘されるのが、「反米自虐史観」の浸透である。特に最近、黒人奴隷の歴史から米国を断罪する試みが進行している。

(編集委員・早川俊行)

 米国の建国は1776年ではなく、実は1619年だった――。

 米国でこんな議論が巻き起こっている。1776年といえば、米国の建国者たちが英国から独立を表明する「独立宣言」が採択された年であることは、よく知られている。だが、1619年は、一体何が起きた年なのだろうか。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。