«
»

極左組織アンティファ 目標は「米国の破壊」

ビル・ガーツ

コミンテルン指示に由来

 警察に拘束された黒人男性ジョージ・フロイドさんの死亡を受けて全米に暴力や略奪が拡大したことで、捜査当局は極左組織アンティファの関与を疑っている。過激派組織に詳しい警察当局者によると、アンティファは米大統領選の選挙戦が本格化する昨年11月にはすでに、全米での反政府活動の計画を立て始めていた。  この警察当局者は、計画について詳細は話さなかったものの、長期的な分析からそのような行動は予測できると述べた。

 元国家安全保障会議(NSC)戦略計画局長のリッチ・ヒギンズ氏は「アンティファはマルクス主義思想を持ち、短期的には選挙に影響を及ぼすことを目指し、選挙の政治的正当性を破壊することをもくろんでいる」と述べた。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。