«
»

トランプ米大統領 圧倒的法執行、州に要請

1日、ホワイトハウスで記者会見するトランプ米大統領(AFP時事)

暴動を「国内テロ」と批判

 トランプ米大統領は1日、黒人男性が白人警官から首を圧迫され死亡した事件の抗議デモが暴動に発展していることを受けホワイトハウスで演説し、各州知事や市長に対し「暴動収束まで圧倒的な法執行の存在を示すべきだ」と述べ、強力に対応するよう要求。知事らが州兵の増強などの対応を拒めば、「私が軍を動員する」と表明した。米軍が国内の騒乱に動員されたのは、1992年のロサンゼルス暴動以来となる。  トランプ氏は、「私はすべての平和的な抗議活動の味方だ」と強調した上で、放火や略奪が横行している現状について「これは平和的なデモでなく、国内テロだ」と強調。さらに「国はプロの無政府主義者や暴徒、犯罪者、(極左集団の)アンティファなどに支配されている」と危機感を示した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。