«
»

新型コロナ ブラジル感染50万人超

対策めぐり国2分の様相

ブラジル地図

 

 ブラジル保健省は5月31日、新型コロナウイルスの新規感染者が1万6409人増え、累計で米国に次ぐ世界2位の51万4849人になったと発表した。死者は2万9314人と、イタリアに続く世界4位。感染者、死者共に増えるペースが落ちておらず、パンデミック(世界的大流行)の中心地として世界保健機関(WHO)も警戒している。

 南米はこれから本格的な冬と乾期に入る。どちらも肺炎を伴う新型コロナの感染拡大と重症化への懸念材料だ。南米では、ペルーやエクアドル、チリなどでも感染拡大が深刻になっており、国境封鎖や外出禁止令など厳しい隔離政策を導入している。

 一方、新型コロナを「軽い風邪」と軽視し続けているブラジルのボルソナロ大統領は、あくまでも経済再開を優先、地方自治体が独自に導入している隔離政策を批判し続けている。4月には、最高裁に対して地方自治体が出している隔離政策の中止命令を出すことも求めたが、拒否されている。

 一方、ブラジル最大の感染者(5万8000人)を出している南米最大の都市サンパウロでは同日、市内中心部の「パウリスタ通り」で大統領支持派と反大統領派のデモ隊が衝突、出動していた治安部隊が催涙弾を使用する事態となった。

 最新の世論調査では、国民の6割が隔離政策の強化を求めているが、ボルソナロ氏は、岩盤支持層を背景にあくまでも経済優先を強調、コロナ対策をめぐって国を2分しかねない状況に陥っている。

(サンパウロ 綾村悟)

3

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。