«
»

抗議デモ 全米140都市に拡大-黒人拘束死

5月31日、ワシントンで、米国旗などを燃やす抗議デモの参加者(AFP時事)

トランプ大統領「背後に極左集団」

 米中部ミネソタ州で黒人男性が白人警官から首を圧迫され死亡した事件に端を発する抗議デモは5月31日、全米各地で続き、暴徒化した一部の参加者による店舗の略奪や放火が続いた。米メディアによると、抗議デモはこれまで少なくとも140の都市に広がり、20の州や首都ワシントンに州兵約5000人が動員された。

 暴徒化した参加者は、各地の店舗や州庁舎などを破壊したり、警察車両を放火したりした。また、店舗から人々が商品を持ち去る様子がテレビで放映されるなど、略奪も横行した。

 ワシントンでは、ホワイトハウス近くの建物や教会などが一時炎上。ホワイトハウスの周りに設置されたバリケードに侵入しようとする抗議者を警官が何度も押し戻したと伝えられた。

 警察官はゴム弾や催涙ガスを使用するなどして対応。AP通信によると、週末に米都市で4000人以上が逮捕された。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。