«
»

新型コロナで米専門家が中国の責任追及求める

トランプ米大統領

「勝利宣言」宣伝工作に警告 「歴史の書き換え許すな」

 トランプ米大統領ら政権幹部が新型コロナウイルスを「武漢ウイルス」などと呼んだことをめぐり、中国だけでなく一部の米メディアからも「人種差別」などとの批判が相次いだ。しかし、こうした呼称を支持し、初動対応の遅れなどでウイルスを世界に拡散させることになった中国の責任を追及する必要性を訴える米専門家も多い。(ワシントン・山崎洋介)

 新型コロナウイルスの呼称をめぐり、米国のリベラル系メディアは相次いでトランプ氏らに非難の集中砲火を浴びせた。MSNBCテレビの司会者ジョン・ヘイルマン氏は、番組中に「むき出しで、明白で、目に余る人種差別主義だ」などと指弾。CNNオピニオンライターのジル・ジル・フィリポビッチ氏は、「外国人嫌悪の人種差別」と槍玉(やりだま)に挙げ、14世紀のヨーロッパで黒死病の原因としてユダヤ人が虐殺された史実を引き合いに出した。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。