■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 長谷山 崇彦
    長谷山 崇彦
    農学博士
    乾 一宇
    乾 一宇
    元防衛研究所研究室長
    加瀬 みき
    加瀬 みき
    米政策研究所
    茅原 郁生
    茅原 郁生
    中国安全保障
    濱口 和久
    濱口 和久
    防衛レーダー
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    小松 正之
    小松 正之
    東京財団上席研究員
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    新田 容子
    新田 容子
    サイバー安全保障
    岡田 真理
    岡田 真理
    フリーライター
    杉山 蕃
    杉山 蕃
    元統幕議長
    竹田 五郎
    竹田 五郎
    元統幕議長
    田村 重信
    田村 重信
    元自民党政務調査会審議役
    上岡 龍次
    上岡 龍次
    戦争学研究家
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長

    『悪霊』ヒラリー復活!!!

     2月3日に行われた民主党大統領選出予備選挙は、投票および集計用のアプリの不具合のために、2月7日現在、未だに完全な結果報告が出来ていない。しかし米国で最も権威ある世論調査機関FiveTirtyEightが現地時間2月5日に報じたところでは、以下のような結果を、まとめても良いだろう。

     アイオワ党員集会では最初の投票で15%取れなかった候補者に入れた人は二回目投票で別の人に投票できる。代議員票もある。その調整の結果は以下のようなものである(分かり易さの為に3位のウオーレン上院議員は割愛した)

       ブティギッグ21%→25%→27%

       サンダース24%→26%→25%

       バイデン15%→13%→15%。

     これを見ても代議員票等で、サンダースが不利にされていて、バイデンや彼を浮上させるためなのかブティギッグが、有利にされているのが分かる。ヒラリーは自分を扱ったドキュメンタリー映画の上映会で、慎重に言葉を選びながらも、選挙人団制度の廃止など大統領選挙への意欲を滲ませた。また1月末に、ヒラリーは民主党の大統領候補になった人を支援すると行ったが、それがサンダースではないことを望むとも言った。

     今回のアイオワ民主党党員集会の混乱は、初戦の小州をスキップして、スーパーチューズデーに賭けるブルームバーグに非常な追い風になっている。彼は800人だった選挙スタッフを2000人に増やした。ブルームバーグは初戦の小州の予備選をスキップすることでスーパーチューズデーに白紙の状態で臨める。彼は経験豊富で極端な左派でもない。その分カリスマ性にも欠け、また大富豪なので民主党支持者内には違和感も多い。

      ブルームバーグはヒスパニック系の移民を増やし最低賃金も増やすと宣言した。これは実は安い労働力を増やすことで大企業優遇になり既に米国で正式に働いているヒスパニック系の雇用を奪うものであり、ヒスパニック系移民に優しい政策というのは見せかけである。ブルームバーグの税制改革案は、経済全体を沈滞させる、個人営業の中小自営業を圧迫する、民営年金基金の運用に対しても増税になる。

      しかしZogbyの最新調査では今までの民主党候補は誰もトランプ氏に勝てず、ブルームバーグだけが2%だけトランプ氏をリードしている。特に25歳から34歳では17%もリードしている。だが彼が民主党の候補者になれる確率は1今のところ11%で党内で4位である。

      だが2月の民主党の候補者討論会参加資格が、まとまった寄付金を集めていることと世論調査で支持率10%以上から後者のみになったため今まで自己資金で闘っていたブルームバーグも出られた。民主党全国委員会はヒラリー派の幹部中心に夏の党大会の最初に特別代議員が投票するように規則変更することを考えていて、これはブルームバーグが討論会に参加し易くした規則改正と相まって、サンダース潰しではないかと彼の支持者は不信感を募らせている。

      アイオワの党員集会の結果による今後の勢いでは、バイデンに不利でサンダースに有利になる筈だった。しかし今回の混乱のお陰で、そのような勢いが変わる可能性がある。今年の民主党予備選挙の開催される州の人口統計を精密に見て見ると、本来の民主党支持者や今の米国の人種や産業の分布を正確に反映している州ほど後半に予備選を行う傾向があるので、誰が民主党大統領候補になるかは最後まで分からないかも知れない。サンダースとバイデンの支持層は真逆だが、サンダースの勢いは急上昇中であり、このままでは民主党は分裂する。それを避けるためにブルームバーグが今後に有利になる可能性がある。

      そしてアイオワの混乱の原因となったアプリの製作会社は全ての関係者が一括して投票結果を見られるシステムを構築しようとしているが、この会社も何とヒラリーの関連会社なのである。今回の混乱で彼女の宿敵サンダースが不利になったことは前に書いた。本当に恐ろしいことだ!

      アイオワでの投票アプリの故障はハッキングが原因ではないと同州の民主党支部は言っている。先週末から地元の役人がアプリの問題に気づいていた。彼は州当局者が月曜日の会議の前に問題を解決することを要求したが当局者はアプリの使用方法に関する訓練を受けず、アプリのダウンロードやログインに苦労し、失敗した時ホットラインを呼んでも2時間も保留にされた。投票用アプリの結果をバックアップするための紙の投票用紙もあったのだが、こんな混乱が起これば、それさえも信用されなくなってしまう。

    ネバダ州の州民主党は、今月後半に党員集会を開催するが、アイオワ州で機能不全に陥ったアプリを使用しないと発表した。

      だがアイオワの党員集会を混乱させた投票アプリを開発したシャドー社の代表者は元ヒラリーの参謀。同社の親会社的な存在であるNPOアクロニウムの代表者はブティジッグの参謀と結婚している。この二つの法人はワシントンDCの同じ住所にある。更にアクロニウムはトランプ大統領落選キャンペーンのために7500万ドルを使う予定で既に40%ほど寄付等が集まっている。

      シャドー社はアクロニウムが間に入って夏の民主党大会用に別の投票アプリを売り込んでいる。悪意で解釈すると何らかの意味でヒラリーに有利な投票操作が行われる可能性があるのではないかと私見では思われる。

    サンダース派は7月の党大会の役員にヒラリー派が多過ぎることに不信感を抱いている。ヒラリーは今のところ大統領選に出ないと言っているが、スパーチューズデーから参加しても十分な票が取れそうどころか、このまま大混戦で誰も14%以上の代議員を取れなかったら予備選で戦わなくとも夏の党大会で特別代議員によって大統領候補に選ばれる可能性が残っている。

      しかし今回のアイオワでの混乱(と結果としての民主党の信用低下)によって最も得をしたのは何と言ってもいうまでもなくトランプ大統領だ。バイデン陣営はニューハンプシャーで、せめて2位になることで、サンダースの勢いを削ぐ方針。2000年のマケイン、2008年のヒラリーが、同様の方針で、ある程度は成功している。

    だがバイデンは1996年には全国最下位で当選した上院議員であり、1984年に大統領予備選に出た時は、一人しか代議員を取れなかった。またサウスカロライナにおけるバイデンの支持率が30%から25%に下がっており、しかも同州有権者の6割以上を占めバイデンの岩盤支持層だった黒人の間での支持率が50%から30%に落ちている。このまま同州を落とすようならバイデンが大統領候補になるのは非常に難しくなる。

      そして2008年にアイオワ民主党党員集会の初参加者は57%。2016年は44%。今年は33%。2016年には参加者の20%が「大統領選で勝てそうな人であることが政策より大事」と答えたが、今年は60%。如何に今の米国民主党の草の根での勢いが落ちて後ろ向きになっている証拠のように思う。いま若者の支持はサンダースが32%で最も高い。彼ならトランプと戦えば若者票の6割近くは取れる。だがヒラリーも同じ条件でトランプに最終的には負けている。

      こうして見るとヒラリーという「悪霊」の復活は簡単ではなさそうだ。そうであることを私としては心底から望むものである。


    「GII REPORT」より転載
    https://ameblo.jp/gii-report

    2

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。