«
»

「トランプ減税」が経済牽引 グローバー・ノーキスト氏

グローバー・ノーキスト氏

日本は増税で少子化悪化

全米税制改革協議会議長 グローバー・ノーキスト氏

 トランプ米政権に近い有力保守派団体「全米税制改革協議会(ATR)」のグローバー・ノーキスト議長がこのほど、世界日報のインタビューに応じた。ノーキスト氏は、米国の力強い経済は減税と規制緩和を中心としたトランプ大統領の政策によるものだと高く評価。対照的に日本は、消費税の引き上げなど増税を進めているが、「必要なのは経済成長であり、増税は問題解決にならない」と主張した。 (聞き手=編集委員・早川俊行)

トランプ政権下の米経済をどう見る。

 減税と規制緩和により、非常に力強い。オバマ前政権時代の2016年は、経済成長率が1・6%に落ち込んだが、トランプ政権では3%に上昇した。今は中国との貿易戦争による不透明感から2%程度に戻っているが、これが解決すれば、再び3%以上になるだろう。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。