■連載一覧
  • 台湾総統選 吹いた蔡旋風
  • アメリカの選択 展望2020大統領選
  • 新春座談会 令和の外交と安保―待ったなし憲法改正
  • 米大統領選まで1年 トランプ政権の攻防
  • 2020/1/14
  • 2020/1/06
  • 2020/1/01
  • 2019/11/04
  • 2016 世界はどう動く-識者に聞く
  • 戦後70年 識者は語る
  • 2015 世界はどう動く-識者に聞く
  • 2014 世界はどう動く
  • 2016/1/04
  • 2015/8/09
  • 2015/1/07
  • 2014/1/06
  • 香港憤激 一国二制度の危機
  • 香港・中国返還20年 「一国二制度」の前途
  • 台湾に吹いた蔡英文旋風
  • ルポ・政権交代の攻防 台湾総統選
  • 二極化する香港 識者インタビュー
  • 香港誌「前哨」編集長 劉達文氏に聞く
  • 「雨傘革命」下の香港 揺れる一国二制度の行方
  • 揺れる香港 各派リーダーに聞く
  • 香港の普選運動 親中派民間団体代表の見方
  • 2019/7/04
  • 2017/7/01
  • 2016/1/18
  • 2015/12/26
  • 2015/7/12
  • 2014/11/21
  • 2014/11/14
  • 2014/11/06
  • 2014/7/08
  • 中国「一帯一路」最前線 バルカンに吹く風
  • 危機のアジア 識者に聞く
  • 南シナ海 強まる中国支配 安保専門家に聞く
  • ドゥテルテ大統領就任から3カ月 どこへ向かう比政権
  • 香港「自治」の行方 識者に聞く
  • 中華圏に浸透する同性婚
  • 中台関係の行方
  • 日米同盟と台湾 海洋安全保障の展望
  • 蔡英文時代の台湾 本土派路線のビジョンと課題
  • ASEANの夜明け アジアハイウエー7000キロルポ
  • 緊張 南シナ海
  • 中央アジア胎動 中国「新シルクロード」と日本の戦略
  • “政熱経熱”の中韓
  • 新QDRと米中軍事バランス
  • 新グレートゲーム・幻想だった中国の平和的台頭
  • 新グレートゲーム・中国南進の海
  • 2018/8/20
  • 2018/1/04
  • 2017/7/26
  • 2016/9/21
  • 2016/8/17
  • 2016/7/26
  • 2016/6/03
  • 2016/5/31
  • 2016/5/19
  • 2016/3/22
  • 2015/11/18
  • 2015/10/14
  • 2015/9/07
  • 2014/3/31
  • 2014/2/14
  • 2013/4/18
  • ムスリム同胞団とアラブ モハメド・F・ファラハト氏に聞く
  • 多難な年明けのトルコ
  • EUと難民 UNHCRウィーン事務所報道官に聞く
  • ロシアのシリア内戦介入 アルアハラム財団事務局長に聞く
  • 2017/9/01
  • 2016/1/30
  • 2015/12/11
  • 2015/11/13
  • 新閣僚インタビュー
  • 令和参院選 注目区を行く
  • 大阪G20サミット焦点
  • 地方創生・少子化対策 首長は挑む
  • 新閣僚に聞く
  • 懸案にどう挑む 第4次安倍改造内閣
  • 「赤旗」役所内勧誘の実態
  • 憲法改正 私はこう考える
  • 衆院選大勝 安倍政権への提言
  • 2017衆院選 国難と選択
  • 新閣僚に聞く
  • 第3次改造内閣 信頼回復へ始動
  • ’17首都決戦
  • 施行から70年 憲法改正を問う
  • どうなる「民共協力」 27回共産党大会の焦点
  • 蓮舫民進 疑問の船出
  • 新閣僚に聞く
  • 「立憲主義」について
  • 再改造内閣 始動
  • 安倍政権 新たな挑戦
  • 16参院選 注目区を行く
  • 伊勢志摩サミット
  • 憲法改正 ここが焦点
  • 筆坂元日本共産党ナンバー3と田村自民党政務調査会審議役が対談
  • 第3次安倍改造内閣スタート
  • 詳解 集団的自衛権 安保法制案の合憲性
  • 衆院選 自公圧勝 ~課題と展望~
  • ’14衆院選 注目区を行く
  • 第2次安倍改造内閣スタート
  • 日米首脳会談 成果と課題
  • 2019/10/08
  • 2019/7/11
  • 2019/6/24
  • 2019/6/12
  • 2018/10/25
  • 2018/10/04
  • 2018/3/30
  • 2018/2/15
  • 2017/10/25
  • 2017/10/16
  • 2017/9/07
  • 2017/8/06
  • 2017/6/27
  • 2017/4/26
  • 2017/1/09
  • 2016/9/17
  • 2016/9/02
  • 2016/8/22
  • 2016/8/04
  • 2016/7/12
  • 2016/6/30
  • 2016/5/23
  • 2016/4/25
  • 2016/4/04
  • 2015/10/08
  • 2015/8/06
  • 2014/12/16
  • 2014/12/07
  • 2014/9/05
  • 2014/4/26
  • '18沖縄県知事選ルポ
  • 歪められた沖縄戦史 慶良間諸島「集団自決」の真実
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第2部 自衛隊配備へ動く石垣島
  • 国防最前線・南西諸島はいま 第1部 与那国島・陸自駐屯地
  • 激震・翁長県政 「オール沖縄」の凋落
  • 普天間基地移設 経緯の検証と提言
  • 「援護法」に隠された沖縄戦の真実
  • 2018/9/25
  • 2018/4/07
  • 2016/10/31
  • 2016/10/12
  • 2016/1/26
  • 2015/10/01
  • 2013/7/08
  • 何処へゆく韓国 「親北反日」の迷路
  • 金正恩体制を斬る 太永浩・元駐英北朝鮮公使に聞く
  • 迷走する北非核化
  • 平壌共同宣言の波紋
  • どうなる米朝首脳会談
  • 検証 南北首脳会談
  • どう見る北の脅威
  • 北暴走 揺れる韓国
  • どう見る北の脅威
  • 北朝鮮 制裁の現実
  • どう対処 北の脅威 米有識者に聞く
  • 9年ぶり左派政権 文在寅大統領の韓国
  • 弾劾の波紋 漂流する韓国政治
  • 検証・金正恩統治5年
  • どこへ行く混迷・韓国 国政介入事件の深層
  • どう見る金正恩体制 日韓専門家対談
  • 迎撃ミサイル配備 韓国の決断
  • 3代世襲“完成” 北朝鮮第7回党大会
  • 検証 元料理人 藤本氏の再訪朝
  • 韓国総選挙ショック
  • 日韓国交正常化50年 識者に聞く
  • どうする拉致解決 日朝ストックホルム合意1年
  • 日韓国交正常化50年 「嫌韓」「反日」を越えて
  • 張成沢氏失脚 北で何が起きたか
  • 2019/7/18
  • 2019/2/19
  • 2018/12/26
  • 2018/9/26
  • 2018/5/23
  • 2018/5/01
  • 2018/2/13
  • 2017/9/21
  • 2017/9/19
  • 2017/6/26
  • 2017/5/17
  • 2017/5/11
  • 2017/3/15
  • 2016/12/27
  • 2016/12/05
  • 2016/8/24
  • 2016/7/20
  • 2016/5/10
  • 2016/4/29
  • 2016/4/15
  • 2015/6/22
  • 2015/5/11
  • 2015/2/05
  • 2013/12/10
  • 待ったなし地球温暖化対策
  • 環境先進国フランスの挑戦
  • 迫る気候変動の脅威 どうする大災害への備え
  • 2016/1/02
  • 2015/10/07
  • 2015/9/21
  • 米中新冷戦 第2部 中国・覇権への野望
  • 米中新冷戦 第1部「幻想」から覚めた米国
  • 検証’18米中間選挙
  • 米国の分断 第3部 「自虐主義」の源流
  • 米国の分断 第2部 反米・容共の風潮
  • 米国の分断 第1部 断罪される偉人たち
  • 「米国第一」を問う トランプを動かす世界観
  • トランプのアメリカ 就任から1年
  • トランプVSリベラル・メディア
  • 「情報戦争」時代と米国
  • 米軍再建への課題-元上級将校の提言
  • トランプ政権始動
  • トランプ大統領の衝撃 米国と世界はどこに向かう
  • トランプvsヒラリー 米大統領選まで1カ月
  • オバマのLGBT外交 米国と途上国の「文化戦争」
  • トランプVSヒラリー 米大統領選まで3カ月
  • オバマ外交と次期米大統領の課題
  • 2016年米大統領選まで1年
  • 再考 オバマの世界観
  • オバマの対宗教戦争・第1部
  • オバマの対宗教戦争・第2部
  • 2019/1/16
  • 2019/1/07
  • 2018/11/11
  • 2018/10/15
  • 2018/7/18
  • 2018/5/08
  • 2018/3/12
  • 2018/1/18
  • 2017/12/21
  • 2017/4/03
  • 2017/2/28
  • 2017/1/22
  • 2016/11/11
  • 2016/10/08
  • 2016/9/26
  • 2016/8/06
  • 2016/6/14
  • 2015/11/08
  • 2015/7/06
  • 2013/8/05
  • 2013/9/30
  • JAXA宇宙探査計画
  • 2015/12/24
  • 長谷山 崇彦
    長谷山 崇彦
    農学博士
    乾 一宇
    乾 一宇
    元防衛研究所研究室長
    加瀬 みき
    加瀬 みき
    米政策研究所
    茅原 郁生
    茅原 郁生
    中国安全保障
    濱口 和久
    濱口 和久
    防衛レーダー
    菊池 英博
    菊池 英博
    日本金融財政研究所所長
    小松 正之
    小松 正之
    東京財団上席研究員
    高永喆
    高永喆
    拓殖大学客員研究員
    新田 容子
    新田 容子
    サイバー安全保障
    岡田 真理
    岡田 真理
    フリーライター
    杉山 蕃
    杉山 蕃
    元統幕議長
    竹田 五郎
    竹田 五郎
    元統幕議長
    田村 重信
    田村 重信
    元自民党政務調査会審議役
    上岡 龍次
    上岡 龍次
    戦争学研究家
    呂 永茂
    呂 永茂
    南北戦略研究所所長

    ブーテジェッジは、トランプを倒せるか?

     ブーテジェッジとは誰か? 37歳。インディアナ州サウスベンド市市長。2020年大統領選挙の民主党候補者選びに参加している「無名の新人」の一人だった。

     その彼がCNNやボストン・グローブが11月に発表した世論調査の結果、最初に党員集会と予備選挙の行われるアイオワとニューハンプシャーで、圧倒的に1位の支持を得た。バイデンは4位。ウオーレンとサンダースが、2位と3位。この趨勢は実は5月に行われたReal Clear Politicsの調査以来、繰り返し観察されて来た現象だった。

     しかしバイデン陣営は大きな脅威を感じてはいない。その次に行われるサウスカロライナの予備選挙では、バイデンは例えばCBSの調査で、2位のウオーレンに30%前後の大差を付けている。その理由は、同州の人口の約6割が黒人であり、オバマの後継者と思われているバイデンは、今のところ彼らの46%の支持を得ているからであるという。

     それに対してブティジーグに対する黒人の支持率は24%。白人の支持率は60%。これでは黒人の支持が重要と言われる民主党大統領になるには不利である。

     だがアイオワもニューハンプシャーも白人中心の州なのと、ベテラン政治家への幻滅が、ブーテジェッジの高い支持率の原因だろう。

     だが今までアイオワやニューハンプシャーの予備選で大勝利した無名の新人が、そのまま大統領になる現象は、特に民主党では良く見られた。ケネディ、カーター、クリントン、オバマー皆そう言って良いように思う。

     同じように勢いでブーテジェッジがサウスカロライナの予備選に勝ってしまう可能性もゼロではない。バイデンは穏健派の立場なので、大統領になってもトランプ氏の行っている不法移民強制退去を完全には停止しないと表明している。

     それは2020年はサウスカロライナ以前に予備選挙の行われるネヴァダにおける民主党の大票田である移民の多い外食産業組合を敵に回しかねないものである。しかも同組合は、バイデンの民主党内の宿敵リード元上院議員の強い影響下にある。

     少なくとも今世紀に入ってから、サウスカロライナ以前に予備選の行われた州の全てで敗北した候補者は、サウスカロライナで勝てても大統領候補にはなれなかった。2004年のエドワーズ、2012年のギングリッヂが良い例だろう。逆にアイオワかニューハンプシャーの、どちらかで勝って、サウスカロライナでも勝てれば、大統領になれる可能性は高まる。ブッシュ二世もトランプ氏も同様だった。

     サウスカロライナは確かに全米の縮図で、中堅都市もあれば充実した大学もあり、州民の所得の平均は全米の8割ほどである。それに対してアイオワとニューハンプシャーは人口の少ない貧しい州ではある。そのためかアイオワには宗教保守派が多いと言われている。だがニューハンプシャーは、人口は少なくとも週内の高校生の成績の平均は全米2位である。

     このように米国の地域差を代表するようなアイオワ、ニューハンプシャー、(ネヴァダ)、サウスカロライナの内、サウスカロライナを含む幾つかの州を取ることによって、アメリカという複雑な国を統治できる人物であることを証明できた人が、アメリカ大統領になれる。

     特に今まで大統領になった人は殆どサウスカロライナの予備選で勝っている。全米の縮図であるだけではない。アイオワやニューハンプシャーは、地方の小さな州であるため、その存在を4年に一度は誇示するために、党員集会や予備選挙を全米の他の州に先駆けて行うのである。そのため州民も全米を驚かせるような候補者を選ぶことが多い。先に述べた民主党の大統領達が良い例だろう。ブーテジェッジも、そうかも知れない。

     しかしサウスカロライナは3ないし4番目である。州の規模も大きい。冷静な投票が期待できる。

     そこにバイデンは賭けているようである。特に初戦でブーテジェッジが勝利し、彼以外の若手で黒人の支持を集めている候補者が脱落すれば、その支持は自分に来ると考えている。

     だが先に述べた不法移民問題やワシントン政治のベテランへの反感等を思う時、意外にブーテジェッジがサウスカロライナでも勝利し、民主党の大統領候補になる可能性はあるようにも思われる。

     そもそも何故ブーテジェッジは黒人から忌避されているのか?それはサウスベンドの再開発を巡って市警察の黒人に対する差別的な問題を積極的に解決しようとしなかったことが大きい。だが、それは市の再開発の中で起きた出来事の一つとして、これから説明可能かも知れない。

     再開発自体は、そのために必要な資金を集める債権を起債したりして、上手くやっている。彼は元々マッキンゼーで働いていた金融・経済コンサルタントである。ワシントン政治にも、2004年と2008年の大統領選挙のスタッフとして以外は、あまり深い関係はない。

     そういう意味では不動産ビジネスで財をなし、ワシントン政治には2016年まで関わって来なかったトランプ氏とは似ているのである。

     トランプ氏の当選は、既存のワシントン政治に対する、アメリカの草の根の反感の表れだった。2020年には同じ風が、ブーテジェッジを大統領にするかも知れない。

     だが二人の間には大きな違いがある。一つは年齢。もう一つ。ブーテジェッジは同性愛者なのである。そのことを、むしろ誇示している。

     トランプ政治には「ワシントン既成政治の打破」と、もう一つ重要な柱がある。それはアイデンティティ政治―“白人ピューリタンの共同体としてのアメリカの復活”である。

     聖書を厳格に解釈するピューリタニズムとは、普通はプロテスタントの一種なのだが、アメリカではカトリックの一部もピューリタンの強い影響下にある。バノン氏が代表例だろう。

     私は繰り返し「アメリカでは移民による表面上の若年人口増加のため、若者の政治的ニーズが多様化し、それを二大政党が吸収できず、若者の棄権等が増えている」現象を指摘して来た。それに対してトランプ氏も、バイデンその他の民主党の有力候補者達も、70歳代の白人で、何らかの意味で“ピューリタン”と言えるかも知れない。

     すると、それに対する「逆アイデンティティ」として、若者世代が、ピューリタンが絶対的に嫌う同性愛者であることを誇示しているブーテジェッジの下に糾合するという可能性も、ないわけではないように思う。

     しかし今の米国の若者世代は、ピューリタンとは別の意味で、同性愛に批判的な、カトリック教徒であるヒスパニック系移民が多い。しかも格差拡大等に対する不安からか、カトリックの原点回帰を目指す傾向も見られる。プロテスタント系でもピューリタンより狂信的ともいうべき福音派が増える傾向も見られる。

     「グローバルな金融ビジネス等で自由に生きたい。しかし結果としての格差拡大からは守られたい。」―そのような米国の若者世代のニーズに、金融ビジネスマンで、その才能を生かしてスラム街の再開発に成功したりしたブーテジェッジは、うまく応えられるかも知れない。

     しかし、それは非常に複雑なパズルである。更に前述したような宗教的価値観の問題もある。

     そのためか今のところブーテジェッジは、黒人だけではなく、若者の支持も得ていない。彼の有力な支持者は、むしろトランプやバイデンと同年代の人が多いと言われている。同性愛者にも関わらず熱心に教会に通い、アフガンで海軍軍人として闘った経験のある彼は、理想の孫に見られているようだ。それだけではなく年金制度の充実を主張する「グレー・ニューディール」政策も、高齢者向けの政策である。

     なお彼の都市再開発計画には、待遇を良くすることで優秀な人材を警察や学校教員に集めることも含まれるのだが、なぜかサウスベンドでは今、警察や学校教員の志望者が少なくて困っている。彼には目下の人を引き付ける何かが不足しているのかも知れない。

     そう考えるとブーテジェッジが若者世代の支持を糾合して大統領になるのは、やはり容易いことではない。もし、なれたとする。トランプ氏とは「アイデンティティ政治」以外の点で大きく違う政治を行わないのではないか?

     彼は年金や医療保険その他の国内の格差問題を重視し、アフガンで戦った海軍軍人でもあることから、アフガンその他からの米軍の撤退論者である。そのためにはイスラエルやサウジの力を借りるべきといった「現実主義」の部分までトランプ氏に似ている。対中強攻論者なのは言うまでもない。

     要するに2020年にトランプ氏が再選されても、ブーテジェッジのような人物が当選しても、日本としては今までと同様に米国を頼ることが出来ず、独自の安全保障政策を取る必要に迫られることに大きな違いはないかも知れない。

     そうであれば次第に交渉の仕方が分かって来たトランプ氏の方が望ましいように思う。指導力もある。それだけではない。

     同性愛者であることを誇示するような「逆アイデンティティ」でニーズの複雑な若者の票を集めて出来た政権は、トランプ政権の数千倍も不安定で危険な政権になるように思われてならない。同性愛は直さなければならない病気であるーそういう人知を超えた秩序を否定する過去約20年の米国中心の人類の社会の変化は、その精神を蝕み破壊する極めて危険なものである。

     実はインディアナ州は、同性愛者と健常者を区別する法律を作って、州内が激しく二分されたことがある。二分した過激派の一人がブーテジェッジ氏であり、この法律を作ったのは当時の州知事で今の副大統領ペンス氏だった。

    つまりトランプ共和党は、人間の精神と社会を破壊しようとする勢力と戦っているのである。これからも頑張ってもらいたい。

    (当記事のサムネイルはWikipediaから引用いたしました)


    「GII REPORT」より転載
    https://ameblo.jp/gii-report

    1

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

    コメント

    コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。