«
»

【ダラーゼネラル】DGゴー!料理大会や店長インタビュー等でお茶を濁す時代は終了?

ダラーゼネラルではセルフ・スキャニング・システムのDGゴーを行っている。DGゴーの最終決済の確認はDGゴー・ステーションで行う。

ダラーゼネラルではセルフ・スキャニング・システムのDGゴーを行っている。DGゴーの最終決済の確認はDGゴー・ステーションで行う。

 ■44州に1.6万店近くを展開するダラーストアのダラーゼネラルはストアアプリの「DGゴー(DG Go)」を拡大している。

DGゴーは買い物客がレジに並ばなくてもお客が自分で商品をスキャンして、アプリ内で決済ができるモバイルチェックアウトだ。

セルフスキャニングシステムでもあるモバイルチェックアウトはコンビニエンスストア大手のセブンイレブンからスーパーセンターを展開するマイヤー、アマゾン傘下でコストコと同業となるメンバーシップ・ホールセール・クラブのサムズクラブなどが行っている。

ダラーゼネラルのストアアプリにはバジェットのある顧客にむけてカート・カリキュレーター(Cart Calculator)機能もある。

カート・カリキュレーターはDGゴーのような決済機能はないもののお客が商品バーコードをスキャンしてカートに入れることで合計金額や税込価格を表示するもの。

低所得者世帯などやりくりが厳しい顧客に向けたショッピング機能となっている。

 DGゴーではアプリ上でチェックアウト後、レジ近くにあるDGゴー・ステーションに行くように指示される。

DGゴー・ステーションでは「DGゴー・ステーションにいます(I’m at the kiosk)」のボタンをタップし、決済用QRコードに切り替える。

QRコードをタブレットで映して同期させると買い上げ点数が表示され決済が完了となる。

DGゴーでは自動的にデジタルクーポンやDGゴー専用のディスカウント等の値引きも行っている。

なおモバイルチェックアウトのDGゴーは250店で導入されており、来年末までには2倍となる500店での展開を計画している。

カート・カリキュレーターはすでに75%の店舗で利用可能となっている。

平均店舗面積が4,700平方フィート(約200坪)となるダラーゼネラルでは、ボピスをDGゴー対象店で徐々に開始していくという。

 レジなしコンビニエンスストアのアマゾンゴーのオープン以来、大手チェーンストアにセルフスキャニングシステムを導入する事例が増えている。

ウォルマート傘下のサムズクラブは2016年10月にスキャン&ゴーを全店に導入し、スキャン&ゴーをフューチャーした小型店のオープンした。

ミシガン州を中心に中西部6州にスーパーセンターなど235店を展開するマイヤーもスキャンしながら買い物を行う「ショップ&スキャン(Shop & Scan)」を全店に拡大。

テキサス州などに400店舗近くスーパーを展開するHEBも「HEBゴー(HEB Go)」をサンアントニオ地区にある店舗でテスト中だ。

コンビニエンスストア大手のセブンイレブンは、買い物客がレジに並ばなくても自分で商品をスキャンして支払いができる「モバイル・チェックアウト(Mobile Checkout)」をニューヨーク市内の店舗にも導入した。

モバイルチェックアウトでは10年前から導入しているストップ&ショップの専用アプリとスキャニング端末の「スキャン・イット(Scan It)」事例もある。

ミシガン州で140店展開するスーパーのスパルタンナッシュもアプリ決済「チェックアウト・ナウ(Check Out Now)」をテストをしている。

ウェグマンズも「ウェグマンズ・スキャン(Wegmans SCAN)」のテストを一部でおこなっている。

 客単価が12ドル以下となるダラーゼネラルでは買い上げ点数も平均で5品目以下となる。顧客の年齢層が33~55歳のダラーゼネラルでは、セルフ・スキャニング・システムを導入することでデジタル・ネイティブ世代などの若い層にアピールするのだ。


「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」より転載
http://blog.livedoor.jp/usretail/

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。