«
»

米朝非核化交渉の行方

都内でインタビューに応えるワシントン・タイムズ紙のガイ・ティラー安全保障部長

核実験など挑発の再開も

ワシントン・タイムズ紙安全保障部長 ガイ・テイラー氏

 米国と北朝鮮の非核化交渉が一向に進展しない。その背景や今後の展望、次期米大統領選が及ぼす影響などについて、米紙ワシントン・タイムズのガイ・テイラー安全保障部長に聞いた。 (聞き手=編集委員・早川俊行)

米朝の非核化交渉が進展しないのはなぜか。

 第一の理由は、北朝鮮が交渉に極めて消極的であることだ。北朝鮮は、非核化交渉を進めることはリスクが大きいとみている。

 第二に、トランプ政権にも責任がある。政権内にはビーガン北朝鮮担当特別代表をはじめ優秀な人材が多くいる。だが、トランプ大統領の関心事はトップダウンの首脳会談で、実務者協議にはあまり興味がない。このため、北朝鮮は実務者協議を進めることに圧力を感じていない。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。