«
»

「質的優位」維持に逆行する米 米大西洋評議会上級研究員 ロジャー・クリフ氏に聞く(上)

300

新QDRと米中軍事バランス

 オバマ米政権が発表した「4年ごとの国防計画見直し(QDR)」の下で、米国は軍拡に邁進(まいしん)する中国に対し優位を維持できるのか。アジア太平洋地域の軍事バランスが崩れつつある中で、日本は何をすべきなのか。中国軍事動向に詳しい米シンクタンク、大西洋評議会のロジャー・クリフ上級研究員に聞いた。(聞き手=ワシントン・早川俊行)

 ――新たなQDRと2015会計年度(14年10月~15年9月)国防予算をどう見る。

 QDRと国防予算は、中国に対し軍事的優位を維持するために必要なトレードオフ(何かを実現するために別の何かを犠牲にすること)をしていない。

 米軍は近代化計画を加速させつつ、質の高い人材・訓練を維持する必要がある。一方で、基地使用の制約から、現在の米軍兵力の多くは中国との紛争には利用できない。従って、私は兵力を縮小して近代化のための資金を確保すべきだと考える。


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。