«
»

トランプ氏 バイデン氏調査に関心

ウクライナ疑惑で初の公聴会

 米議会下院は13日、トランプ大統領のウクライナ疑惑をめぐり初の公聴会を開いた。証言したテイラー駐ウクライナ臨時代理大使は、ソンドランド駐欧州連合(EU)大使が、トランプ氏はウクナイナ支援よりも「バイデン前副大統領の捜査を気に掛けている」と自身のスタッフに語ったと証言。バイデン氏に対する調査がウクライナへの軍事支援の条件だったとの認識も示した。

テイラー駐ウクライナ臨時代理大使

13日、ワシントンで開かれた米下院公聴会で証言するテイラー駐ウクライナ臨時代理大使(EPA時事)

 テイラー氏の証言によると、トランプ氏がウクライナのゼレンスキー大統領との電話会談でバイデン氏のスキャンダル調査を要請した翌日の7月26日、トランプ氏は電話でソンドランド氏に調査の状況について質問。これにソンドランド氏は、ウクライナ側は「進める準備ができている」と答えた。

 テイラー氏によると、この電話は、ソンドランド氏がウクライナ政府と協議後に行ったもので、その際にその場に居合わせたテイラー氏のスタッフが同氏にその内容を伝えた。

 テイラー氏はウクライナがバイデン氏に対する調査を実施することが軍事支援を行うための条件になっていたとの認識を表明。「政治目的のために軍事支援を止めることは正気ではない」と述べた。

 また、ケント国務副次官補も証言し、トランプ氏の顧問弁護士であるジュリアーニ元ニューヨーク市長が政治的動機によって調査を促すことで「米国とウクライナの関係に影響を及ぼしている」と指摘。同氏がヨバノビッチ前駐ウクライナ大使を追放するために「中傷キャンペーン」を行ったと述べた。

 一方、共和党議員はテイラー氏の証言の多くが「また聞き」によるものだと指摘し、証拠としての有効性に疑問を呈した。また、疑惑の発端となった内部告発者に党派的偏りがあるとし、証人として公聴会に呼ぶべきだとした。

 トランプ氏はホワイトハウスで記者団に疑惑について改めて否定した上で、公聴会について「1分も見ていない。ジョークのようなものだったと聞いた」と述べた。ソンドランド氏との電話についても「何も知らない。初めて聞いた」と答えた。

(ワシントン 山崎洋介)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。