ワシントン・タイムズ・ジャパン
«
»

ワシントンで郷愁を誘う沖縄の歌声

地球だより

 先週、米首都ワシントンのケネディセンターで、沖縄県石垣島出身の歌手、夏川りみさんの無料コンサートが開かれた。春の恒例行事「全米桜祭り」に合わせ、沖縄観光促進を兼ねて企画されたものだった。

 スポンサーの在米日本大使館などからすると、コンサートを通じてできるだけ多くの米国人に沖縄について関心を持ってもらいたかったに違いない。だが、超満員となった会場は7割以上が日本人。故郷から離れて暮らしていると、故郷が無性に恋しくなるのは人間の情。特に、郷愁を誘う夏川さんの歌が無料で聞けるとなれば、日本人が殺到するのはむべなるかな、である。

 開演1時間近く前から並んだ筆者もその一人。10年以上前、沖縄に赴任していた時に『涙そうそう』が大ヒットしたため、夏川さんにはなんとなく親近感があったからだ。三線(さんしん)の音色に合わせ、伸びやかに歌う夏川さんの歌声を聞いていると、ゆったりとした空気の沖縄に戻った感覚になり、懐かしい記憶が蘇(よみがえ)ってきた。

 「石垣島に行ったことのある人いますか」。夏川さんが客席にこう尋ねると、予想以上に多くの人が手を挙げたため、本人もびっくり。沖縄出身者も多く来ていたようで、夏川さんが八重山民謡『安里屋ユンタ』を歌うと、立ち上がってカチャーシー(沖縄の手踊り)を踊る人も。

 在米日本人にとって「癒やし」のようなコンサートだったが、陽気でやわらかな沖縄の魅力は、米国人にも伝わったのではないかと思う。

(J)

0

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。