«
»

「終わりのない戦争」は作り話

マーク・ティーセン

戦闘の主体はクルド 米軍のシリア撤収は裏切り

アメリカ保守論壇 M・ティーセン

 トランプ大統領は、協力関係にあるシリアのクルド人を捨てるという恥ずべきことをしておきながら、それを正当化し、「私が選ばれたのは、このばかばかしい終わりのない戦争から抜け出すため」であり、この戦争で米国は「泥沼にはまり、身動きできなくなっている」と訴えた。トランプ氏の話を聞くと、米国民は、中東全域でまだ大規模な米軍部隊が戦っていると思う可能性がある。

 米国が中東に何十万人もの兵力を投入していたのはずっと前の話だ。現在はアフガニスタンに1万4000人、イラクに5000人、シリアに1000人で、3カ国で計2万人だ。それに対してドイツには3万7950人、イタリアには1万2750人、日本には5万3900人、韓国に2万8500人、計13万3000人が駐留している。スペインには3200人が派遣されており、シリアの3倍以上だ。

 ◇米軍は後方支援


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。