«
»

事実に基づく自由な捜査を

マーク・ティーセン

豪への協力要請に民主反発 疑惑解明を求める国民

アメリカ保守論壇 M・ティーセン

 反トランプ派は、トランプ大統領がオーストラリアの首相に、モラー特別検察官による捜査のきっかけをめぐる米司法省の捜査への協力を求め、バー司法長官が国外に出向いて、捜査に協力するよう外交・情報当局者らに要請したと非難している。ニューヨーク・タイムズ紙は、トランプ氏がまた「ハイレベルの外交を使って、個人的な政治利益を追求している」と指摘した。

 これは見当違いだ。このトランプ氏批判では二つのことが混同されている。トランプ氏の個人弁護士、ルドルフ・ジュリアーニ氏によるハンター・バイデン氏の事業への調査と、ジョン・ダーラム連邦検事による、2016年選挙戦中のトランプ陣営に対するスパイ活動の捜査への公的な捜査の二つだ。前者は、敵対相手への情報収集活動であり、後者は、刑事司法の問題だ。

◇ダーラム氏を起用


...【全文を読む】
記事の全文をご覧になるには会員登録が必要です。
無料で毎月10本までご覧になれます。
新規会員登録へ

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。

コメント

コメントの書き込み・表示するにはログインが必要です(承認制)。